1. 独立・開業・フランチャイズ情報TOP
  2. 複数店舗を持つの先輩体験談一覧

  先輩の独立・開業体験談

6件中 1-6件表示

掲載終了予定日: 2022/10/11

法人歓迎複数店舗を経営する働く時間を自由に選べる1人で開業する研修制度が充実

ロードサイドに見出した潜在市場を攻める面白さ

◆大黒屋 三郷駒形店 ほか9店舗
 オーナー/小西智宏さん

FCオーナーとしての独立を目標に、大手ファストフード企業に入社。直営店のSVにまで昇進後、あえてFCへ転籍。ところが、いざ独立開業となると開業資金の壁にぶつかり、小西さんは方向転換を図ります。様々な業種のFCフェアや説明会に参加・研究した結果、選んだのが大黒屋でした。相模大野北口店を皮切りに、現在10店舗を経営するまでに至った道程とは……


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2022/10/11

法人歓迎複数店舗を経営する働く時間を自由に選べる1人で開業する研修制度が充実

地方にも勝算あり。いわきで再認識した大黒屋の面白さ

◆大黒屋 いわき鹿島店 ほか2店舗
 オーナー/守谷 保利さん

前職では新宿・歌舞伎町の質屋に勤務。「この分野でやっていくなら独立しよう」と決意して大黒屋に加盟しました。20代で都内に2店舗を構え、2019年には3店舗目として、「縁もゆかりもなかった」という福島県いわき市の店舗を前オーナーから引き継ぎました。業界をよく知る守谷さんはなぜ大黒屋を選んだのでしょうか。そして、いわき鹿島店を引き受けた理由とは…


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2022/08/16

クロスクリアバリアコート/Laugh Place株式会社 | 抗菌ニーズにも対応★

【0円から開業可能!】一度塗りで簡単★壁紙再生クロスクリア《1日2件、4時間の施工で利益4万円》副業もOK

手に職をつけて稼ぐ女性が活躍できるビジネス副業としてスタート働く時間を自由に選べる1人で開業する開業資金50万円以下でOK

新規事業として導入。半年で月商150万円を達成!

◆高橋 亮義さん(37歳)

大阪府下を中心に歯科医院のコンサルタントとして活躍する高橋さん。新しい柱となる事業を構築したいと考え、2021年9月に「クロスクリアバリアコート」をスタート。自身はオーナー業に専念し、スタッフ2名に実務を任せる形で高知市内に開業しました。開業初月で初期費用を上回る売上をあげ、その後も順調に伸ばしています。
「営業活動はほとんどしていない」と話す高橋さんですが、ビジネス成功の秘訣はなんなのでしょうか。さらに、数あるビジネスの中で「クロスクリアバリアコート」を選んだ理由、気になるリアルな売上高、そして今後の展望とは…。ざっくばらんにお話しいただきました。(2022年5月取材)


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2022/08/23

女性が活躍できるビジネス既存店舗を引き継ぐ複数店舗を経営する1人で開業する研修制度が充実

開業2年で、2店舗運営を達成!

◆◇オーナー7年目・2店舗経営 齋藤 美津樹さん ◇◆
「いつかは経営者になりたい」と以前から考えていた齋藤さん。何がやりたいというアイデアはなかったそう。独立を考えて、調べていくうちに「ほっともっと」に出会いました。「お弁当のニーズは多そうだし、研修もしっかりあって自分にもできそう!」と考えられたそうです。今では自分がお客様として通っていた店舗のオーナーとして活躍される齋藤さんにお話しを伺いました!


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2022/08/23

女性が活躍できるビジネス既存店舗を引き継ぐ複数店舗を経営する1人で開業する研修制度が充実

家族のように支えてくれるクルーさんと、次なる挑戦へ

■オーナー歴3年目 益子町店/宇都宮江曽島店 大橋(※)佐多央さん
※"橋"は正しくは旧漢字

かつては音楽家志望だった大橋さん。20代半ばで地元に戻り、遊技機メーカーの営業職として働きながら「年齢を重ねても自分の意志で稼ぎ続けられる仕事がしたい」と考えていたそうです。思いが実って独立を果たし、2019年に「益子町店」、2021年に「宇都宮江曽島店」を開業。3店舗目の計画を練る大橋さんに、今の手応えを聞きました。


先輩の体験談を見る

新着

掲載終了予定日: 2022/11/01

女性が活躍できるビジネス副業としてスタート複数店舗を経営する働く時間を自由に選べる1人で開業する

将来は不労所得で悠々自適に暮らすため複業として導入

◆甲子園口店 オーナー・石川 浩之さん

元パティシエとして勤めていた石川さん。将来は不労所得で悠々自適な生活を送りたいと、格安チケットの自動販売機の副業をスタート。その後、副業が軌道にのり金券ショップのオーナーとして5年前に独立し、新規事業として2019年9月に淡路島バーガーを始めました。テイクアウトとデリバリーの需要で、コロナ禍でも売り上げを順調に伸ばすビジネスの魅力について聞きました。/2020年取材


先輩の体験談を見る

6件中 1-6件表示
PAGE TOP