1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 複数店舗を持つの先輩体験談一覧

  先輩の独立・開業体験談

10件中 1-10件表示

掲載終了予定日: 2021/08/03

法人歓迎女性が活躍できるビジネス副業としてスタート複数店舗を経営する1人で開業する研修制度が充実開業資金50万円以下でOK

まごころ弁当との出会いで、FCのイメージが変わった

◆まごころ弁当 大阪中央店/大野オーナー(41歳)

知人に独立を促され、高齢者向け配食ビジネスを知った大野さん。少子高齢化が社会問題となっている今こそビジネスチャンスだと考え、FC加盟を決めました。数ある配食業者の中からまごころ弁当を選んだのは、本部とオーナーがWin-Winの関係を築けるFCだと思ったから。2011年に加盟し、全国トップ(2018年8月時点)の売り上げを誇る店舗に成長するまでの道のりを伺いました。


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2021/08/10

ニコニコキッチン/株式会社ソーシャルクリエーション | 日本フランチャイズチェーン協会正会員

【営業代行がスタート★】平均年商3500万円('20年度80店舗)の高齢者配食サービス!《早期退職者も歓迎》

女性が活躍できるビジネス複数店舗を経営する1人で開業する研修制度が充実

高単価&独自のサービスで価格競争に巻き込まれない!

◆株式会社アカカベ/ニコニコキッチン 北大阪店

大阪でドラッグストア及び調剤薬局を展開する株式会社アカカベ。関連事業として2010年に大東店を、2018年に2店舗目となる北大阪店をオープン。
今回話を伺ったのは店長を務める近藤裕介さん。未経験から大東店で店長業務を積み、北大阪店では立ち上げから携わり、わずか2年半で年商5000万円を達成。高齢者ビジネスの追い風を受け、さらなる事業拡大に奮闘中です。/2020年取材


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2021/08/24

法人歓迎女性が活躍できるビジネス複数店舗を経営する働く時間を自由に選べる研修制度が充実

飲食から福祉へ。業態転換で知った新たな可能性

大宮施術所・小山施術所/鈴木オーナー(38歳)

大学卒業後、銀行勤務を経て実家の家業に戻った鈴木さん。約10年にわたり働くものの、「用意されたポジションではなく自分の力で勝負したい」との思いから個人で焼肉店を開業しました。業況は順調に拡大し、2019年末には大型店を新規オープンしましたが、その後待っていたのはコロナショック。焼肉店を畳み、異業種である訪問医療マッサージの世界で見つけた可能性とは?


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2021/08/03

女性が活躍できるビジネス複数店舗を経営する研修制度が充実

父から息子へ。築いたものを手渡せる喜び

◆札幌八軒2条東店 他4店舗/横濱オーナー(写真右)

組織の中で自分の思う通りに働けないことに窮屈さを感じて独立を決意。当時はまだ独立に関する情報が少なく、どこで独立するべきか判断に迷ったという横濱さんは、なぜローソンを選んだのでしょうか。その理由を、事業を継承する息子さんも交えておうかがいしました。


先輩の体験談を見る

女性が活躍できるビジネス複数店舗を経営する働く時間を自由に選べる1人で開業する研修制度が充実

MIGは「駅ナカ販路」も「ブランド力」も圧倒的!

◆株式会社ROOKING 代表取締役 山下友浩さん◆

インターネット回線やWi-fiの代理店事業を展開してきた同社。飽和状態になりつつある業界を脱し、新規事業を展開したいと思ったことがきっかけでMIGと出会いました。全く業種の違う同社が何故MIGを選んだのか。今回は、山下代表のお話から、MIGに加盟する魅力をお伝えします。


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2021/09/14

女性が活躍できるビジネス既存店舗を引き継ぐ複数店舗を経営する1人で開業する研修制度が充実

開業2年で、2店舗運営を達成!

◆◇オーナー7年目・2店舗経営 齋藤 美津樹さん ◇◆
「いつかは経営者になりたい」と以前から考えていた齋藤さん。何がやりたいというアイデアはなかったそう。独立を考えて、調べていくうちに「ほっともっと」に出会いました。「お弁当のニーズは多そうだし、研修もしっかりあって自分にもできそう!」と考えられたそうです。今では自分がお客様として通っていた店舗のオーナーとして活躍される齋藤さんにお話しを伺いました!


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2021/12/07

女性が活躍できるビジネス複数店舗を経営する研修制度が充実

リーマンショックが栄転した元経営ビギナー

◆株式会社KMT 代表取締役社長 伊藤研二さん(46歳)
前職では父が経営する工場の設備関係の会社で、車の自動装置制御を担当。しかし数年後、時代はリーマンショックを迎え、経営難から人件費削減のため自ら退職を申し出て転職活動を開始。そこで出会ったのが京進FCだった。
34歳の時に独立。異業種から未経験でのチャレンジだったが、本部からのサポートのもと、現在では愛知県内で5教室を運営している。/2021年取材


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2021/12/28

法人歓迎女性が活躍できるビジネス副業としてスタート複数店舗を経営する1人で開業する研修制度が充実

失敗しない、成功するためのノウハウとサポートがある

■北海道/三浦オーナー(39歳)

訪問販売の営業会社を経営していた三浦さん。営業の募集をしてもなかなか人が集まらない状況が続き、
営業に比べ個々人の力量に左右されない、全く違うジャンルへ挑戦する時期ではないかと模索していました。
そんな中WAKABAに出会い「失敗しない、成功するためのノウハウとサポート」を受けられることを知り、2019年7月に加盟を決意したそうです。


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2021/10/05

法人歓迎複数店舗を経営する働く時間を自由に選べる1人で開業する研修制度が充実

地方にも勝算あり。いわきで再認識した大黒屋の面白さ

◆大黒屋 いわき鹿島店 ほか2店舗
 オーナー/守谷 保利さん

前職では新宿・歌舞伎町の質屋に勤務。「この分野でやっていくなら独立しよう」と決意して大黒屋に加盟しました。20代で都内に2店舗を構え、2019年には3店舗目として、「縁もゆかりもなかった」という福島県いわき市の店舗を前オーナーから引き継ぎました。業界をよく知る守谷さんはなぜ大黒屋を選んだのでしょうか。そして、いわき鹿島店を引き受けた理由とは…


先輩の体験談を見る

女性が活躍できるビジネス副業としてスタート複数店舗を経営する働く時間を自由に選べる1人で開業する

将来は不労所得で悠々自適に暮らすため複業として導入

◆甲子園口店 オーナー・石川 浩之さん

元パティシエとして勤めていた石川さん。将来は不労所得で悠々自適な生活を送りたいと、格安チケットの自動販売機の副業をスタート。その後、副業が軌道にのり金券ショップのオーナーとして5年前に独立し、新規事業として2019年9月に淡路島バーガーを始めました。テイクアウトとデリバリーの需要で、コロナ禍でも売り上げを順調に伸ばすビジネスの魅力について聞きました。/2020年取材


先輩の体験談を見る

10件中 1-10件表示
PAGE TOP