1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 女性の視点を活かすの先輩体験談一覧

  先輩の独立・開業体験談

女性の視点を活かす“雇われない働き方”特集

「仕事とプライベートの両立」をしたい、「雇われない」働き方をしたい、子どもが独り立ちした後や定年退職後の「セカンドライフ」を楽しみたいといった、“自分らしく働く”ための選択肢の一つとして、独立という道があります。独立には、「業務委託・フリーランス」「独立候補社員(正・契)」「フランチャイズ」など、いくつかの選択肢がありますが、本特集では、実際に独立し“女性の視点を活かし”独立・開業をされている先輩方をご紹介します。

7件中 1-7件表示
新着

掲載終了予定日: 2019/04/02

セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2018年2月期自社調べ》

【43年間連続で増店(自社調べ)を続ける事実と裏付けがここに】「セブン‐イレブン」のオーナー/女性活躍中

女性が活躍できるビジネス複数店舗を経営する研修制度が充実

3店舗経営しながら、趣味を楽しむ余裕のある暮らし

◇◆オーナー暦15年目 行田小見店 木村 泰男さん◆◇
独立前は、別のコンビニチェーンでスーパーバイザーをしていた木村さん。さまざまなオーナーさんを指導しているうちに「自分でやろう」という思いが生まれ、独立を決意。「コンビニを経営するなら業界トップの会社で」と、迷うことなく29歳でセブン-イレブンのオーナーになりました。今では3店舗のオーナーになった木村さんに、さまざまなエピソードを伺いました。


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2018/10/30

日本結婚相談所連盟/株式会社IBJ【東証一部上場/日本最大級の結婚相談所ネットワーク】

国内最大級6万人の会員を『自己資金0円』からでもあなたの武器に!在庫リスクゼロの結婚相談所連盟オーナー

法人歓迎女性が活躍できるビジネス副業としてスタート複数店舗を経営する働く時間を自由に選べる1人で開業する

歴戦のツワモノ経営者も納得した、このビジネスの魅力

◆ハッピーエージェント
 代表/上田周一郎さん(42歳)

副社長として、20代で大型マリンスポーツショップの全国・海外展開の経営を始め、旅行代理店、出版社、旅館経営など幅広い事業展開を成功させてきた上田さん。退任後、奥さんと全国を旅する旅行生活を経て、結婚相談所を舞台に再び経営者としての活動を開始しました。
歴戦のツワモノ経営者は、このビジネスのどこに惹かれたのか? 詳しくお話を伺いました。


先輩の体験談を見る

女性が活躍できるビジネス複数店舗を経営する研修制度が充実

南国の海から東大阪へ。夫婦で叶えた独立の夢。

◆遠山光宗さん/37歳
◆ローソン東大阪横小路五丁目店オーナー(他1店)

前職はスキューバダイビングのインストラクター。プーケット(タイ)や沖縄の海を舞台に活躍していた遠山さんは、一念発起して東大阪でローソンオーナーとして開業しました。

夫婦でお店を切り盛りし、念願の2店舗目もオープン。うれしいこともつらいことも共有し二人三脚で頑張ってきた…そんな遠山さんに、これまでの歩みを伺いました。


先輩の体験談を見る

新着

掲載終了予定日: 2018/11/13

女性が活躍できるビジネス既存店舗を引き継ぐ複数店舗を経営する1人で開業する研修制度が充実

好きな仕事を好きなだけ続けられる環境に感謝

■千葉桜木一丁目店 他3店舗運営/高田オーナー(写真右)

「主人がコンビニオーナーの仕事に興味を持っていたんです」と話す高田さん。当時は条件が折り合わず断念したものの、状況が整ったことにより再度検討し、ご主人でなくご自身がオーナーになって開業することを決意しました。その理由、そして独立までの道のりやこれからの目標をおうかがいしました。


先輩の体験談を見る

法人歓迎女性が活躍できるビジネス複数店舗を経営する1人で開業する

アルバイトの掛け持ちをやめ、丼丸一号店のオーナーに

◆マリロウ・オボサさん (51)/丼丸 押上店オーナー

オーナーになる前は、ブティック、居酒屋、寿司屋を掛け持ちで働いていたマリロウさん。2007年に会長の勧めもあって、丼丸第一号店である押上店のオーナーに。フィリピン出身ながらもチャキチャキの江戸っ子のような話しぶりと持ち前の明るさでたちまち人気店へと成長。取材中も常連さんと楽しそうにコミュニケーションを取っている姿が印象的でした。


先輩の体験談を見る

女性が活躍できるビジネス副業としてスタート働く時間を自由に選べる1人で開業する開業資金50万円以下でOK

本部のサポートで叶った、自分に一番合った働き方!

◇◆ オーナー歴3年目 菅さん ◆◇

「子どもたちのために私が稼がなきゃ」。20代で飲料などを運ぶトラックドライバーとなり活躍していた菅さん。しかしハードワークから腰を痛めてしまい、泣く泣くトラックを降りることに……。その後、飲食店で勤務していたものの、ふとしたきっかけから30代で軽急便を始めました。再び運送業の世界に戻ってきた理由とは? その独立ストーリーを伺います!


先輩の体験談を見る

掲載終了予定日: 2018/10/23

女性が活躍できるビジネス副業としてスタート働く時間を自由に選べる1人で開業する研修制度が充実開業資金50万円以下でOK

夫婦1台で配送。”新しい働き方”を叶えています。

■ドライバー/蕪木さん(写真右)

出産後、時間帯を選んで働ける仕事を探すなかで同社に出会った蕪木さん。まずはアルバイトとして勤務した後、正式に自車を購入。その後、旦那さん(写真左)も加わり、“夫婦1台”で一緒に働くスタイルを開始。現在は週6日、築地市場から店舗へ魚介や野菜を届けるルート配送を行っています。家族の将来も見据えて始めたという、新しい働き方の魅力について伺いました。


先輩の体験談を見る

7件中 1-7件表示
PAGE TOP