1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. マイナビ独立マガジン
  3. 先輩開業インタビュー
  4. 人が集まる、わずか5坪の「古書店」。出版不況のなかで戦うコツを店主に聞く
先輩開業インタビュー
人が集まる、わずか5坪の「古書店」。出版不況のなかで戦うコツを店主に聞く

若い独身&ファミリー層に人気の東急東横線・学芸大学駅から歩くこと4分、住宅街の一角に本屋「SUNNY BOY BOOKS」があります。クラフト感あふれる5坪の店内には、アートやカルチャー、文芸の香りが漂う古本を中心に、雑貨や絵本作家の原画、グッズの展示会も開かれています。店主の高橋和也さんは大学卒業後、新刊書店のアルバイトを経て2013年6月に古書店を開業。オープン間もなくして経営難になったと話す高橋さんに、開店までの経緯や、低迷期からの脱却、そして感度の高い本好きの間で評判を呼ぶ人気店となるまでの道のりを伺いました。

アルバイト時代に経験した棚作りで、本屋の醍醐味を知った

cont01.jpg――高橋さんは「SUNNY BOY BOOKS」をオープンする前、新刊書店にお勤めだったそうですね。

高橋:みんなが就活を始める大学3年の頃、自分がサラリーマンをしている未来像がまったくピンとこなかったんです。なんとなく将来は本屋をやりたいなと思っていたので、勉強がてら本屋でアルバイトを始めました。最初は千葉の実家に近いお店で働いていたのですが、大学4年の冬に青山ブックセンター(ABC)に移りました。最初の店はレジ打ちしかやらせてもらえなかったんですが、ABCはアルバイトでも「棚作り(本を魅力的に陳列する作業)」を担当させてもらえたのがよかったですね。青山店の文庫担当から始まり、半年くらいで六本木店に移ってからは、文芸、洋書、映画、音楽の棚と、メインのフェアをたくさんやらせてもらえました。

――ABCの顔となる棚ばかりですね。

高橋:本屋の一番の醍醐味は、どういう本を仕入れてお客様にどう見せるかの「棚作り」なので、とても楽しかったです。あとABC六本木店では、年に4回、夏なら「お祭り」とか、季節ごとのテーマでオリジナルの小冊子を書店員が作るフェアをやっていて、それに関わらせてもらったのもおもしろかったです。

――新刊書店には本屋を始める勉強のために勤めたとおっしゃいましたが、そこで得られたものはなんでしょうか?

高橋:ずっとアルバイトだったので正直、経営にまつわることにはノータッチ。なので、書店経営の大変さを知ったのは、自分で店を始めてからでした。ただ、出版社の営業さんとやりとりをしながら、棚に並べる本のセレクトを考えたり、目を惹く棚作りや、都市部ではどういう本をそろえればお客様から反応があるかなど、いまの店作りに役立つ感覚は身につきました。

――「SUNNY BOY BOOKS」は古書店からスタートして、いまは小規模出版社の新刊書も扱われていますが、もともと古書店がやりたかったのですか?

高橋:漠然と本屋をやりたいと考えていただけなので、とりあえず、新刊書店で働いてみて、やれるかどうかを判断するというくらいのゆるさでした(笑)。結局、ABCには4年ほどいたんですけど、2012年にブックオフグループに吸収合併され、社内の体制も変わってしまったので、自分で店を始めるにはいいタイミングかなと思い、その年の12月でABCを辞めました。

「おもしろい」と思った本を直接手にとってほしいから、通販より実店舗を持ちたかった

cont02.jpg ――そして「SUNNY BOY BOOKS」の開店が2013年の6月。約半年後にさっそく開店というのは、準備が早いですね!

高橋:じつはABCに勤務しながら、地元の千葉で知り合いとアトリエスペースを借り、開業の練習もかねて2年間ほど小さな古書店を不定期オープンしていたんです。わずかですが古本の収集も進めていました。

――では、その頃には新刊書店を開くのではなく、古書店にしようと決めていたんですね。

高橋:そうですね。人を雇って大規模な新刊書店を開きたくても、本の流通経路を確保する「出版取り次ぎ」と新規契約を結んだり、取引口座を開くことは難しい。古書を中心とした小さな店なら自分一人で切り盛りできますし、古物商許可(古物を売買または交換できる権利)を警察署に申請すれば、本だけじゃなくてほかのモノも扱えておもしろいことができそう。物件さえ決まればいつでも開店できる感じにしていました。

――開業資金はどのように準備されましたか?

高橋:アルバイト時代はずっと実家で暮らしていたので、まずは自分の貯金です。開業当時の現金としては100万円ほどが手元にありました。さらに親から100万円弱を借り、国庫(日本政策金融公庫)からも200万円を借りて準備資金に当てました。この店鋪は家賃も8万円台だし、内装や本棚もすべてDIYなので、ほとんどお金がかかってないんです。国庫で用意した200万円も、いざというときに残しておけるくらい、開業時に使った金額は少ないです。

――店舗物件は東横線か目黒線沿線で探したそうですが、なぜその2路線だったのでしょうか?

高橋:ABCでバイトしていた頃から武蔵小山の「HEIMAT CAFE」というブックカフェの書棚のセレクトなどを担当していたので、気軽に行き来できる場所がよかったんです。

――ちなみに、古物商の許可は、簡単に取れるものですか?

高橋:都道府県ごとに違いがあって、必要な資料をそろえるのは手間ですけど、2万円程度の手数料で許可は下ります。僕の場合は、先に物件を決めていたので、店の見取り図なんかも用意しました。実店舗のないネット通販で中古品を扱う場合は、事務所の賃貸借契約書のコピーを用意すればいいみたいです。

――たしかに今の時代なら、ネット通販でもっと気軽に始めることもできたと思いますが、高橋さんはそうしなかったんですね。

高橋:そうですね。アトリエスペースのときに、一時期だけネット通販もやっていたんですが……まったくおもしろくなかったんですよ(笑)。やっぱり本屋の醍醐味は、お客様に本を手に取ってもらえる棚作り。だから「SUNNY BOY BOOKS」もウェブサイトで本の紹介はしていますが、「欲しい方はメールで問い合わせてください」と、ワンクリックで買えるような通販はやっていないんです。いまのところは店舗を主体にやりたいと思っています。

――本の仕入れは、具体的にはどうしたんですか? 店を開くとなると、かなりの在庫が必要かと思いますが。

高橋:あまりマニアックな本を扱うつもりはなかったので、最初は大手古書店で仕入れたり、友達に売ってもらったりが中心でした。スタート時の在庫は2,000冊ほどでしたが、この規模の店舗としてはやや少ないほうだと思います。古書店をやっていくとなれば、ある程度の数は必要です。でも量たけを増やすより、いまある本を丁寧に説明したり、よさを伝えられるほうが大切だと、お店をはじめたことで知りました。

――古書店といえば店主のセレクトに個性が出るところです。「SUNNY BOY BOOKS」で扱っている本には、どういうこだわりが?

高橋:いまは4,000冊くらいの在庫があって、思想・哲学、文芸、アート、カルチャー系の本を中心に置いていますが、できるだけジャンルが偏らず、幅広い本をそろえるようにしています。僕自身、本をおもしろく読めるようになったのは大学時代と遅くて、書店のバイト仲間からそれぞれの得意ジャンルでオススメされた本をこだわりなく読んできました。だから専門のジャンルを作るのではなく、おもしろそうな本は何でも扱いたい。さらにいえば、ここ3年で「SUNNY BOY BOOKS」は新刊書籍や作家さんのグッズも取り扱うようになっているので、以前は「古本屋」といってましたが、いまは「本屋」というようにしています。

――新刊書籍はどのように仕入れているのですか?

高橋:うちで取り扱っている新刊書籍は小さな出版社さんの本が多いので、直接、営業さんがいらっしゃるところもありますし、気になった本があれば、こちらから連絡をして仕入れています。あとは、最近アート系の本を扱う「ツバメ出版流通」という新しい取り次ぎができて、ご案内をいただいていたりしています。

開業1か月で売上低迷。ピンチからの起死回生は「絵本原画の展示」だった

cont03.jpg ――世間では出版不況と言われていますが、新しい取次業者や個性のある小さな出版社が頑張っているんですね。開店してからの集客はどうでしたか?

高橋:開店当初は、TwitterとFacebookとウェブサイトだけでした。ただ、それを見た雑誌媒体などから取材を受けたので、少しずつお客さんが増えていきました。とはいえ一番困ったのは、オープンして1か月目。ぱたりと客足が止まってしまい、かなりヤバイ状況になったんです。そのとき役に立ったのが、手つかずで置いていた国庫の200万円。そこから少しお金を回し、なんとかしのぎました。

――いざというときのための資金は、やはり必要なんですね。

高橋:あれがなかったら、相当まずかったですね(苦笑)。そして同時期に、ミシマ社(出版社)の担当者に景気が悪いという話をしていたら、「試しに絵本の原画展示でもやってみます?」と言ってくださった。そうしたら、すごくお客様が来てくれて、8月で一気に盛り返しました。お客様に来てもらうには、ただ店を開けているだけじゃダメ。自分から何かを仕掛けていくしかないなとわかったんです。

――そこから、いま「SUNNY BOY BOOKS」の目玉になっている作家展や出版記念フェアがスタートしたんですね。どんな展示やフェアをやるかはどのように決めているんですか?

高橋:最初は、何を扱えばいいかわからなかったので、知り合いに紹介してもらっていましたが、基本売り込みは受けず、僕が好きで気に入った作家さんに声をかけています。そのほうが展示にも力が入りますし、作家さんや出版社の方ともつながりが増えるんです。「じゃあまたやりましょう」と、おつき合いも長くなり、展示スペースは来年の2月までスケジュールが埋まっています。

――やはり、フェアのこだわりも高橋さんが気に入るかどうかなんですね。ほかにも普通の本屋では行わないようなおもしろい取り組みをされているとか。

高橋:「伝える注文票」というもので、こちらで用意した3つの注文票のなかから1つを選んでもらい、お題に合わせて記入していただいたら、僕がそれに合うオススメの古本を選んで送るサービスをやっています。本がいっぱいあると、本に馴染みのない人は何を読めばいいかわからなくなる。逆に読書好きの方は、僕が選ぶことで、ふだん読まない本との出会いがあるんですよね。

――「SUNNY BOY BOOKS」というお店を軸にして、いろいろな試みをされているんですね。ちなみに1日の来客数はどのくらいいらっしゃるんですか?

高橋:休日は展示を観に来る方も多いので平均15人ですかね。平日はお客さんの数も少なくのんびり営業ですが、平日に来てくださる方のほうが、購入してくださる率は高いです。

――価格の話でいうと、古本の場合、値づけは難しくないですか?

高橋:それは経験値だと思いますね。ただ最近はネットで古本を扱うところも多いので、相場はわかりやすいかも知れないです。うちは初版本や稀覯本をそろえていないので、独学でなんとかやっています。

――出版不況と言われる昨今ですが、ブックカフェ、ブックバーなどもすごく注目を集めています。高橋さんはこのブームをどう感じていますか?

高橋:うーん……本が単体では売れないから、付加価値をつけて市場を活性化させているのかもしれません。それで読書人口が本当に増えるかどうかは、これから答えが出るんじゃないかなと。結局、個人経営の本屋は業態じゃなくて、店主の個性がちゃんとある店かどうかだと思うんです。古書店もそうで、店主の目がきちんといき届く店作りをしているかが大切。そういう店が残って欲しいなというのが、僕の願いでもありますね。

――そんな高橋さんが、古書店主に向いていると思うのは、どういう人ですか?

高橋:自分が好きなものを広めるのが好きな人は、向いていますよね。いろんなものを見るのが好きな人とか。逆に、コレクター気質の人は、せっかくいい本を手に入れても、人に売りたくないでしょうから、あまり向いていないかも。僕は、本を読むのは好きですけど、読んだ本自体に執着はない。むしろおもしろい本ほど、ほかの人にも読んで欲しいと思うので、けっこう天職かなと思ってます。あと、正直なところ……個人経営の本屋はけっして儲かる仕事ではないので、たくさん稼ぎたい人にはオススメはしないですね(笑)。

――では「SUNNY BOY BOOKS」が、これから挑戦したいことはなんですか?

高橋:本を売るだけじゃなく、本を作っていきたいです。その前哨戦として、アーティストのカレンダー制作も企画が進んでいます。本を軸にしながら、僕が楽しめることを、これからもいろいろやっていきたいですね。

SUNNY BOY BOOKS

〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-14-15
(東横線学芸大学駅 徒歩約5分)

平日 13:00-22:00 / 土日祝 12:00-21:00 / 金曜定休

SUNNY BOY BOOKS
PAGE TOP