1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 代理店
  3. 代理店/塾・スクールの独立開業情報 募集一覧

 独立開業情報 検索結果一覧

代理店/塾・スクールの独立開業情報 募集一覧

×
契約形態とは
マイナビ独立では、以下5つの契約形態別で独立開業情報をご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
企業が培ってきた運営ノウハウやブランド力(商品の魅力)を活用し、自分自身が経営者(オーナー)となる代わりに、加盟金・ロイヤリティ(売上の一部)を企業に支払う経営方法です。
■代理店
売主/メーカーの商品・サービスを代理で販売する契約です。売価から卸値を引いた金額が報酬となります。低リスクですぐに販売できることが魅力です。
■商材、起業・事業企業支援
企業から商材やブランドの提供を受けて事業を行う契約形態、及び、独立・開業前後の支援に特化したサービス全般を含みます。
■業務委託・フリーランス
委託元の企業から業務を請け負う働き方です。自分の得意分野を仕事にでき、時間に縛られることなく働くことができます。
■独立候補社員(正・契)
正社員または契約社員として働き、その後、社内の独立支援制度等を活用し「フランチャイズ」や「のれん分け」等で独立する開業方法です。稼ぎながら独立・開業を目指すことができます。
塾・スクール

×
プロフィールを登録すると・・・
プロフィールを登録すると、保存した希望条件を使った検索や、新着掲載の中から
希望条件に合致した情報があった時、お知らせメールを受け取ることができます。

塾・スクール業界

塾・スクールは、集団塾、個別指導塾、自宅教室などをはじめとした学習塾が代表的です。2016年度の教育産業全体市場は前年度比0.6%増の2兆5,162億円と増加傾向で、近年では低年齢向けの語学やプログラミング教室、スポーツ教室、また高年齢者向けのパソコン教室など塾・スクール業界でも多様化が進んでいます。

該当する独立開業情報はありません。

塾・スクール業界の市場動向

少子化の影響により市場縮小が懸念される学習塾業界ですが、2016年度の学習塾・予備校市場は9,620億円で、2013年度から連続して増加しています。中学受験ニーズを中心にした低年齢層の需要の高まりと、子ども一人あたりにかける教育費の増加が一因となっているようです。※出典:(株)矢野経済研究所「教育産業白書2017年版」

学習塾・家庭教室・個別指導塾は、信頼性に左右されるビジネスのため「認知度」や「信頼度」が重要になります。2020年の教育改革に向け、指導内容の変化に対応していく必要があります。一定の知名度があるブランドのフランチャイズに加盟することで、生徒集めを有利に進めることができ、最新トレンドに基づいたテキストの作成や指導法の構築などを本部が担ってくれるため、未経験であっても開業が容易です。また、経営に専念し複数店舗を経営するオーナーも多い業態です。「教育業界で働きたい」「地域に貢献したい」「人と接することが好き」といった方におすすめの業界です。

塾・スクール(学習塾・家庭教室・個別指導塾)の独立や開業に関するおすすめコンテンツはこちら

「学習塾」は独自カラーが成功への近道。個人開業に向いたエリアの特徴とは
「学習塾」の激戦区である東京の町田駅周辺(町田市)、多くのファミリー層が住むエリアとしての顔も併せ持っている。少子化にもかかわらず、学習塾の数が近年増加中だという。町田と共通項を持ち、ニーズが高まりそうなエリアはどこなのか? 商圏データ「マケプラ」のから、個人開業に向いた注目すべき都内の「駅」を調査します。

大阪は「学習塾」の激戦区。開業の狙い目は年収700万円以上のエリアにある
通塾率が全国のなかでも上位だという大阪エリアに注目。駅前に40もの塾が軒を連ねるという激戦区の大阪上本町駅周辺をリサーチし、商圏分析サービス「マケプラ」のデータからライフスタイルやターミナル事情が類似する駅をピックアップ。次に注目するべき学習塾の開業エリアと、勉強に前向きな親子が多いという大阪府民の「通塾事情」に迫ります。

PAGE TOP