1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 代理店
  3. 代理店/福祉・介護・デイサービス・訪問介護の独立開業情報 募集一覧

 独立開業情報 検索結果一覧

代理店/福祉・介護・デイサービス・訪問介護の独立開業情報 募集一覧

×
契約形態とは
マイナビ独立では、以下5つの契約形態別で独立開業情報をご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
企業が培ってきた運営ノウハウやブランド力(商品の魅力)を活用し、自分自身が経営者(オーナー)となる代わりに、加盟金・ロイヤリティ(売上の一部)を企業に支払う経営方法です。
■代理店
売主/メーカーの商品・サービスを代理で販売する契約です。売価から卸値を引いた金額が報酬となります。低リスクですぐに販売できることが魅力です。
■商材、起業・事業企業支援
企業から商材やブランドの提供を受けて事業を行う契約形態、及び、独立・開業前後の支援に特化したサービス全般を含みます。
■業務委託・フリーランス
委託元の企業から業務を請け負う働き方です。自分の得意分野を仕事にでき、時間に縛られることなく働くことができます。
■独立候補社員(正・契)
正社員または契約社員として働き、その後、社内の独立支援制度等を活用し「フランチャイズ」や「のれん分け」等で独立する開業方法です。稼ぎながら独立・開業を目指すことができます。
福祉・介護・デイサービス・訪問介護

×
プロフィールを登録すると・・・
プロフィールを登録すると、保存した希望条件を使った検索や、新着掲載の中から
希望条件に合致した情報があった時、お知らせメールを受け取ることができます。

福祉・介護・デイサービス・訪問介護業界

福祉・介護・デイサービス・訪問介護の業種では、身体の不自由な方や高齢者向けのサービスを提供します。高齢者に限らず、障がいをもつ児童向けの福祉サービスなども含まれます。提供形態にはデイサービスなどの店舗型や訪問型があります。地域に密着した社会貢献度の高いサービスです。近年では訪問型のマッサージサービスが増えています。

該当する独立開業情報はありません。

福祉・介護・デイサービス・訪問介護業界の市場動向

団塊の世代が75歳以上になり、2025年には国民の3人に1人が65歳以上になるという超高齢化社会を迎えるといわれています。内閣府「平成30年版高齢社会白書」によると、平成29(2017)年19月1日現在で、65歳以上人口は、3,515万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)も27.7%となり、平成77(2065)年には、約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上になると見込まれています。
このような高齢者人口の増加により、介護・デイサービス等の高齢者向けサービスのニーズが高まることが予想されます。

また、介護保険の給付額(介護給付・予防給付)は、9兆9,903億円(対前年度1,577億円増)で、毎年増加傾向にあります。
※出典:「平成28年度 介護保険事業状況報告(年報)」(厚生労働省)
2000年に施行された介護保険法がこれまで何度か改正されているという事実からも、国は介護予防に重点を置いた方針を示していることがわかります。

保険適用のビジネスのため、一定の集客が確保できれば安定した経営をすることができますが、独自で開業しようとすると、開業までに様々な条件をクリアすることが必要となります。介護サービス事業者として指定(認可)を受けるためには、法人格であることが前提条件で、さらに関係機関への各種届出が必要です。開業条件を整えるための時間やコストがかかる一方、フランチャイズに加盟して開業すれば、本部が持っているノウハウや集客力を利用することができます。
「長く働ける職を得たい」「社会に貢献したい」といった方におすすめの業種です。

PAGE TOP