1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. フランチャイズTOP
  3. フランチャイズ
  4. フランチャイズ/コンビニ・小売の独立開業情報 募集一覧

 独立開業情報 検索結果一覧

フランチャイズ/コンビニ・小売の独立開業情報 募集一覧

×
契約形態とは
マイナビ独立では、以下5つの契約形態別で独立開業情報をご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
企業が培ってきた運営ノウハウやブランド力(商品の魅力)を活用し、自分自身が経営者(オーナー)となる代わりに、加盟金・ロイヤリティ(売上の一部)を企業に支払う経営方法です。
■代理店
売主/メーカーの商品・サービスを代理で販売する契約です。売価から卸値を引いた金額が報酬となります。低リスクですぐに販売できることが魅力です。
■商材、起業・事業企業支援
企業から商材やブランドの提供を受けて事業を行う契約形態、及び、独立・開業前後の支援に特化したサービス全般を含みます。
■業務委託・フリーランス
委託元の企業から業務を請け負う働き方です。自分の得意分野を仕事にでき、時間に縛られることなく働くことができます。
■独立候補社員(正・契)
正社員または契約社員として働き、その後、社内の独立支援制度等を活用し「フランチャイズ」や「のれん分け」等で独立する開業方法です。稼ぎながら独立・開業を目指すことができます。
コンビニ・小売

×
プロフィールを登録すると・・・
プロフィールを登録すると、保存した希望条件を使った検索や、新着掲載の中から
希望条件に合致した情報があった時、お知らせメールを受け取ることができます。

コンビニ・小売の市場動向

独立開業における小売業は、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどの各種総合小売、ネットショップなどの通信販売、服飾販売、飲料・食料品販売、自動車販売、家具・家電販売、雑貨や日用品販売、リサイクルショップなどの中古品販売など幅広い業種です。一般の消費者を対象に、商品を仕入れ、店舗で販売する業態を指します。

経済産業省「平成29年小売業販売を振り返る」によると、平成29年の小売業の市場規模は142兆円、前年比1.9%増で、平成26年から3年ぶりの増加となっています。 業態別ではドラッグストアが出店・販売共に勢いがあるほか、コンビニエンスストアの市場規模は11兆7,451億円で、出店増加による拡大戦略を続け、事業所数、1事業所当たり販売額ともに増加(他方、前年比プラス幅は縮小)が続いています。

小売業で重要なことは、商圏の特徴や時節ニーズを捉え固定客を確保することです。特にお弁当から日用品まで扱うコンビニエンスストアでは商圏リサーチが重要となるため、フランチャイズをはじめとする支援企業の仕組みを利用すれば、安定した収益が見込めるでしょう。 地域のお客様と近い距離で働くことができるため、「人と接することが好き」や「話すことが好き」といった方におすすめの業態です。また、SV(スーパーバイザー)やパート・アルバイトとの関係構築も重要になるため、コミュニケーション能力が活かせる仕事でもあります。

3件中 1-3件表示

契約形態: フランチャイズ

業種: コンビニ・小売

物件取得なし!年収1000万円稼ぐオーナー多数!「駅ナカスイーツ販売ビジネス」★開業資金分割プランあり★

募集エリア

全国

収益例

月間純利益:101万3000円 ※関東/1~2人

販売の仕事「だけ」で年収1000万円以上も可能!

★お仕事内容は駅ナカでスイーツ、お菓子を販売するだけ! 販売場所の確保や商品開発の必要もなく、販売だけに集中できる環境です。 固定費がかからないため販売した分だけそのまま自分の収入が増え、 安定して黒字経営可能なビジネスモデルです。 ★天候や景気にも左右されにくい駅ナカビジネス! 天候が悪くても、駅利用者数は変わらないか、むしろ増えることも。 その利便性から売上アップが見込めます!...

お気に入りに登録 独立開業情報を見る

契約形態: フランチャイズ

業種: コンビニ・小売

新施策&既存施策の強化を行うローソンなら、強力なパートナーシップのもとでFCオーナーになれます!

募集エリア

全国

開業資金

0円〜

収益例

年間フランチャイジー収入(最低保証額)/1860万円 ※FC-Cnタイプ

ローソンは、加盟店さんと向き合い、進化し続けます。

ローソンはこれまで以上に加盟店さんと強いパートナーシップを築くために、新たな施策を実施します。 ▼一部を紹介 ・加盟店さんの利益に本部がこだわり、これまで以上に責任を持って取り組んで行くため、全社の経営目標を【売り上げ→加盟店利益】に変更し、店利益前年比110%を目指します。 ・全国7拠点に約100名を配置し、オーナーさんの休暇取得をサポートします。 ・将来的な経営安定に不可欠な複数店...

お気に入りに登録 独立開業情報を見る

契約形態: フランチャイズ

業種: コンビニ・小売

「がっちりマンデー」でも紹介/60歳を超えても年収500~600万円を稼げる「はんこ屋さん21のFCオーナー」

募集エリア

全国

開業資金

400万円

収益例

年収600~1200万円(関東エリア/1~2名で運営の場合)

年収600万円、この金額をどう思うかはあなた次第!

年収600万円と聞いて、あなたは多いと思いますか?それとも少ないと感じますか? 例えば50歳で加盟した場合、加盟当初は会社員時代を下回ることもあるでしょう。 しかしながら会社員としての年収は、50代中盤から徐々に減少し始めると言われてます。 定年である60歳を迎えた際にはどうなっているでしょうか? 「はんこ屋さん21」は60歳以降、70歳でも80歳でも安定した収入が得られることが、...

お気に入りに登録 独立開業情報を見る

3件中 1-3件表示

フランチャイズの特徴

フランチャイズの仕組みは?

フランチャイズ店舗のオーナーになるにはフランチャイザー(本部)と呼ばれる各企業とオーナー契約を結びます。契約を結んだ加盟店オーナーはフランチャイジーと呼ばれ、加盟店の経営に必要な接客マニュアルや商品知識など、運営に必要なありとあらゆるノウハウを学ぶことができます。 しかし、これだけでは企業が個人の独立・開業をバックアップしていることとなり、企業としての利益が生まれません。そこで、フランチャイジーは売上ほかに応じた金額(ロイヤリティー)を本部へ支払うことが義務付けられており、こうした仕組みで企業・個人ともに利益を出してフランチャイズ運営を行うことができます。 また、独力で独立・開業する場合に比べて、一般的にフランチャイズでの独立・開業は成功率が高いと言われており、一説によると5年後の存続率は、前者が約1~2割に対して、後者が約6~7割と言われています。

フランチャイズのデメリットとメリット

フランチャイズでオーナーになると、せっかくの売上もいくらか本部へ支払わなくてはならないという点を聞いて、ネガティブな印象を持つ方もいます。また、企業によっては契約期間が終了した後は同業種での独立・開業が禁止されるなど様々な規定やルールを設けています。そのような要素はフランチャイズ経営でのデメリットとも言えるので、将来のビジョンによっては十分な検討が必要だと言えます。 しかし、フランチャイズ経営はそれ以上に成功へ近づける多くのメリットがあるのも事実です。例えば、前の項目でも触れたように、広く周知されたブランド力の高い商品を扱えたり、足りないノウハウを一から学べたりするのは、経営者となる上で大きな強みになります。 また、本来なら自身で考案しなければいけない経営戦略も、すべて本部が担ってくれる場合がほとんどです。これにより、オーナーは限られた時間を有効活用しやすく、さらには経営で欠かせない集客面においても本部のサポートを受けられるため、フランチャイズは経営未経験者にとっては必要な要素が盛り込まれた理想的な手段とも言えます。

本部のサポートは手厚い?

フランチャイズ加盟店が本部から受けられるサポートには、大きく分けて以下のようなものがあります。
※フランチャイザー(本部)によって、得られるサポート内容は異なりますので、契約検討に際しては、よく確認しましょう。

●最適な立地選び:
企業が持つ情報やそれまでの経営データに基づいて、プロの目線で見た最適な立地選びをしてもらえることがあります。一方、既に土地を所有している人はその土地にお店を開くことも可能です。

●最適な店舗設計:
外装、内装、設備など、見た目や機能面を左右する店舗の設計も、成功事例などのそれまでの経営データに基づいて設計されます。

●資金面でのサポート:
開業時に必要な資金の融資や、経営が赤字となった際のサポートなどに対応している企業が多く、業界未経験者でも独立・開業しやすい環境や規定が設けられています。

●経営指導:
本社や研修地で開かれる研修へ参加できたり、接客・販売など経営に必要な知識・技術を業界のプロや確かな実績を持つ方から学べたりします。

●サービスやマニュアルの改善:
商品やマニュアルなどは本部で日々改善・開発されているため、加盟店はそれらに時間を割くことなく店舗運営に集中できます。

フランチャイズでは、上記のように手厚い本部からのサポートを受けられます。未経験の方も、ぜひこの機会にフランチャイズ経営を検討してみてはいかがでしょうか。

マイナビ独立フランチャイズTOPへ
全国区の大手ブランドから、地域に根付いた有力ブランドまで、あなたの希望にあったフランチャイズ情報をお探しいただけます。

フランチャイズ(FC)の意味とは?はじめてでもすぐわかるフランチャイズでの独立・開業のすべて
フランチャイズ(FC)の意味から市場データ、開業・独立の心得、メリット・デメリットや、開業までの流れ、資金についてなど、フランチャイズでの独立・開業に関する情報が満載です。

コンビニ業界ケンキュウジョ
「景気のいい話は聞くけど、実際のところコンビニオーナーってどうなの?」「各社で違いはあるの?」そんな疑問にお答えするべく、フランチャイズの代表格であるコンビニ業界について、マイナビ独立が第三者の視点で客観的に分析します!

有名チェーンの元SV(スーパーバイザー)が語る。意外と知らないコンビニ経営のイロハ
さまざまな業種・業態があるフランチャイズチェーン(以下、FC)のなかで、私たちにとって、もっとも身近な存在といえるのがコンビニエンスストア(以下、コンビニ)。一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会の統計によれば、2008年末に全国に44,391店舗あったコンビニは、2016年末には57,818店舗へと増加。合計売上高も年間約8兆円から10兆円以上へと成長を続けています。FCでの独立・開業を考える際、ビジネスとしての堅実さ、成長度の観点からも、コンビニは高い確率で候補にあがるのではないでしょうか。今回は、株式会社ローソンでの店舗運営や支援業務の経験を経て、2009年よりコンサルタントとして独立された井上竜也さんに、コンビニチェーンならではの制度の注意点や本部選びのポイント、成功するために必要な要素をお聞きました。

PAGE TOP