1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 福祉・介護・デイサービス・訪問介護の独立開業情報 募集一覧

 独立開業情報 検索結果一覧

福祉・介護・デイサービス・訪問介護の独立開業情報 募集一覧

福祉・介護・デイサービス・訪問介護

×
プロフィールを登録すると・・・
プロフィールを登録すると、保存した希望条件を使った検索や、新着掲載の中から
希望条件に合致した情報があった時、お知らせメールを受け取ることができます。

福祉・介護・デイサービス・訪問介護業界

福祉・介護・デイサービス・訪問介護の業種では、身体の不自由な方や高齢者向けのサービスを提供します。高齢者に限らず、障がいをもつ児童向けの福祉サービスなども含まれます。提供形態にはデイサービスなどの店舗型や訪問型があります。地域に密着した社会貢献度の高いサービスです。近年では訪問型のマッサージサービスが増えています。

7件中 1-7件表示

契約形態: フランチャイズ

掲載終了予定日: 2019/08/27

介護フランチャイズ┃利用者継続率は驚異の95.6%┃個人でもできる小規模デイサービスの独立開業

募集エリア

北海道、東北、北関東、首都圏、甲信越、北陸、岐阜県、静岡県...

開業資金

60.5万円〜

収益例

売上400万円/月 営業利益100万円/月 ※東京都内/運営体制5名

十年以上市場拡大が見込まれるストック型ビジネスです

レコードブックの事業は【”軽度”の介護認定をうけた方】を対象にリハビリ型デイサービスを展開しています。 ■事業背景 国として「健康寿命の延伸」が提唱されており、超高齢化社会が進むことによる医療費などの社会保障費の増大問題を解決するサービスの1つとしてレコードブックは注目されています。 ■利用者継続率95.6%(19年8月時点) サービスの継続率が高い →新規で獲得した利用者が長期...

お気に入りに登録 独立開業情報を見る

契約形態: フランチャイズ

掲載終了予定日: 2020/03/17

【調理不要&盛り付けて配達するだけ!】【FCなのに0円開業!?】個人宅営業不要の『まごころ弁当』オーナー

募集エリア

全国

開業資金

0円〜

収益例

ひと月の営業利益:76万円 ※年間912万円 ※日食200食

上場で上昇中の知名度。今注目の高齢者向け事業

●上場を果たし、市場の知名度と信頼が急上昇中 弊社は2017年10月26日に東証マザーズに新規上場。この業界では上場を果たしている企業はなく、投資家も注目している高齢者向け事業の一つになっています。 ●個人宅の新規営業活動は不要 なぜならば提案先はケアマネジャー。『まごころ弁当』を必要とされる方は、ご自身ではお買い物や調理が難しいご高齢者を中心とした要介護の方々です。福祉の専門家であるケ...

お気に入りに登録 独立開業情報を見る

新着

契約形態: フランチャイズ

掲載終了予定日: 2019/09/10

【施術は行わない、経営専念型ビジネス!】保険事業の"なんとなく"の安心感を本物に◎訪問医療マッサージ

募集エリア

全国

開業資金

105.2万円〜

収益例

[売上]155万円【マッサージ師2名、利用者47名】

保険の"なんとなく"を脱却!説明会へご参加ください

「保険適用なら、なんとなく安心」とイメージをお持ちの方、安心の理由はハッキリしてますか?訪問医療マッサージ事業でよく見かける保険適用の文字。レイス治療院の説明会で、今の"なんとなく"な状態を解決しませんか? ■保険のお金はどう動く? 実際の入金タイミングや、請求に必要な手続きをお話しします。終了後は「聞いてよかった…」のお声が多数。ぜひ、他社の説明会にも足を運んで比較検討してください。キャ...

お気に入りに登録 独立開業情報を見る

新着

契約形態: フランチャイズ

掲載終了予定日: 2019/09/10

★業界最安値クラス95万円~開業可能★低資金&完全成果報酬の営業フォロー等も充実◎手堅く稼げる保険事業

募集エリア

全国

開業資金

95万円〜

収益例

[売上]252万円/月(マッサージ師3名、ドライバー3名雇用)

訪問医療マッサージ事業はローコストで開業するが正解

後期高齢者であれば「医療保険」を適用して、1割の負担で受けられる在宅での医療マッサージ。高齢化社会の進む昨今、このサービスの需要はどんどん増えています。当然それだけ大きなビジネスチャンスがあるわけですが、実はこの訪問医療マッサージの事業や料金はすべて法律で定められており、会社ごとのビジネスモデルにほとんど差はありません。 では加盟を考える場合、どの会社がいいか。 それはいかに「開業資金」を...

お気に入りに登録 独立開業情報を見る

契約形態: フランチャイズ

掲載終了予定日: 2019/08/27

《加盟金わずか50万円!》独自の"集客支援システム"!などオーナー様をガッチリサポート!/治療院経営

募集エリア

全国

開業資金

50万円〜

収益例

[営業利益]103万円/月(利用者40名、25日稼働)

「私にもできそう」が揃ってる!万全サポートで安心

高齢化が進む今、ますますニーズが高まる在宅・訪問マッサージ。医療分野なのに未経験でできるの?と思われがちですが、心配無用です。 実際に施術を行うのは、国家資格を保有しているマッサージ師。オーナー様は経験も資格も必要なく、経営者として店舗の運営に専念していただけます。また、開業後の保険請求作業に関しては専門知識が必要なため、本部が責任を持って代行します。 集客支援では、本部が利用者を無料...

お気に入りに登録 独立開業情報を見る

契約形態: フランチャイズ

掲載終了予定日: 2019/11/05

【開業数に限りあり!検討中の方はお急ぎください!】民家を利用したデイサービス「だんらんの家」オーナー

募集エリア

全国

収益例

営業利益:月100万円 ※3名運営/関東

相場より低資金で開業&本部も同じ責任を持って運営

介護業界未経験で、「社会の役に立つ事がしたい」「人の喜ぶ顔が見たい」という方も。 介護業界の経験があり、「想いを込めた場所を自分で作りたい」「理想の介護を実現させたい」という方も。 「だんらんの家」で、あなたの希望を叶える"大きな家族"をつくりませんか。 施設をイチから建てるのは時間もお金もかかりますが、だんらんの家は賃貸の戸建住宅で開業可能。 →だから相場より安く始められます! ...

お気に入りに登録 独立開業情報を見る

契約形態: フランチャイズ

掲載終了予定日: 2019/10/22

【定員5名の少スペース=低資金で開業】対象者は全国4万人以上。未経験から始められるGrannyのオーナー

募集エリア

全国

開業資金

443.3万円〜

収益例

月収117万97円(稼働率80%の場合)/ (日次平均:4名 / 定員5名)

大勢が待ち望む、数年前に始まったばかりの新サービス

Grannyは、特別支援学校に通う重症心身障がい児(重心児)を対象にした放課後等デイサービスのパイオニア企業です。 全国に4万人以上いると言われている重心児(者)に対し、福祉施設はわずか400施設ほど。まったく足りていないのが現状で、新たな施設の増加が急務です。 今なら行政のバックアップを受けながら社会貢献度の高い施設を作ることが可能。未経験でもかまいません。集客ノウハウ、研修等はすべて本...

お気に入りに登録 独立開業情報を見る

7件中 1-7件表示

福祉・介護・デイサービス・訪問介護業界の市場動向

団塊の世代が75歳以上になり、2025年には国民の3人に1人が65歳以上になるという超高齢化社会を迎えるといわれています。内閣府「平成30年版高齢社会白書」によると、平成29(2017)年19月1日現在で、65歳以上人口は、3,515万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)も27.7%となり、平成77(2065)年には、約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上になると見込まれています。
このような高齢者人口の増加により、介護・デイサービス等の高齢者向けサービスのニーズが高まることが予想されます。

また、介護保険の給付額(介護給付・予防給付)は、9兆9,903億円(対前年度1,577億円増)で、毎年増加傾向にあります。
※出典:「平成28年度 介護保険事業状況報告(年報)」(厚生労働省)
2000年に施行された介護保険法がこれまで何度か改正されているという事実からも、国は介護予防に重点を置いた方針を示していることがわかります。

保険適用のビジネスのため、一定の集客が確保できれば安定した経営をすることができますが、独自で開業しようとすると、開業までに様々な条件をクリアすることが必要となります。介護サービス事業者として指定(認可)を受けるためには、法人格であることが前提条件で、さらに関係機関への各種届出が必要です。開業条件を整えるための時間やコストがかかる一方、フランチャイズに加盟して開業すれば、本部が持っているノウハウや集客力を利用することができます。
「長く働ける職を得たい」「社会に貢献したい」といった方におすすめの業種です。

福祉・介護・デイサービス・訪問介護の独立や開業に関するおすすめコンテンツはこちら

未経験者にも活路が。介護フランチャイズのメリットを経営者兼コンサルが語る
2000年代以降、急速に伸びたフランチャイズチェーン(以下、フランチャイズ)のひとつが介護事業です。内閣府の調査資料「平成29年版高齢社会白書」によると、65歳以上の高齢者人口は2015年で3,387万人。この数は2042年まで増え続けると推定されており、介護市場のさらなる拡大が見込まれています。
一方で、慢性的な人材不足が問題視されているほか、介護保険制度によってサービスの単価や必要な人員、設備が定められているなど、この業界ならではの難しさもあります。コンサルタントとして豊富な経験を持ち、自身も訪問介護事業所のフランチャイジーである柴田昌行さんに、介護業界の現状や今後の予測、フランチャイズ加盟のメリットや本部選びのポイントを教えてもらいました。

PAGE TOP