ローソン/株式会社ローソン | 東証プライム上場

時代の変化を掴み続けるローソン。データを駆使しお客さまの変化を瞬時に捉え、店舗運営に活かしています!

業種 コンビニエンスストア
契約形態 フランチャイズ

ビジネスの特徴

マチの“変化”をローソンの“変化”に

突然ですが、最近ローソンのお店の雰囲気が変わったことにお気づきですか?

・店内で調理したお弁当やサンドイッチなどを提供する「まちかど厨房」
・非接触意識の高まりに対応した個包装したファストフードのセルフ販売
・日常使いに対応した品揃えの変化や冷凍食品の拡充など

コロナ禍における外出自粛やリモートワークの推進によりお客様の行動や食生活は大きく変化しました。「遠くのスーパーよりも近くのローソンで」というお客様ニーズの“変化”に対し、私たちは店づくりの“変化”でお応えしています。

FC加盟店経営の支援と信頼関係の強化

加盟店のオーナーは、ローソンにとって最も大切なパートナー。だからこそ加盟店の健全な経営を下支えするため、様々な制度や取り組みを強化しています。

新規の加盟希望者には原則として既に経営基盤の出来上がっている既存店舗をご案内しています。また将来の複数店経営にむけた、店長育成サポートにも取り組んでいます。

ここでは語りつくせないローソン加盟の魅力をお伝えする説明会に、是非ご参加ください。なお昨今の状況を鑑み、WEBによる説明会も実施しています。「説明会日程画面」下部のURLよりお申込みください。

開業支援の詳細

廃棄費用の一部負担(新店の場合)や各種研修も充実しているので難しい知識や経験は必要ありません!

×
契約形態とは
マイナビ独立では、以下5つの契約形態別で独立開業情報をご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
企業が培ってきた運営ノウハウやブランド力(商品の魅力)を活用し、自分自身が経営者(オーナー)となる代わりに、加盟金・ロイヤリティ(売上の一部)を企業に支払う経営方法です。
■代理店
売主/メーカーの商品・サービスを代理で販売する契約です。売価から卸値を引いた金額が報酬となります。低リスクですぐに販売できることが魅力です。
■商材、起業・事業企業支援
企業から商材やブランドの提供を受けて事業を行う契約形態、及び、独立・開業前後の支援に特化したサービス全般を含みます。
■業務委託・フリーランス
委託元の企業から業務を請け負う働き方です。自分の得意分野を仕事にでき、時間に縛られることなく働くことができます。
■独立候補社員(正・契)
正社員または契約社員として働き、その後、社内の独立支援制度等を活用し「フランチャイズ」や「のれん分け」等で独立する開業方法です。稼ぎながら独立・開業を目指すことができます。
契約形態

フランチャイズ

契約期間

オープンより10年間

サポート内容
開業前

≪最大25日間のオープン前研修≫
6日間のスクールトレーニングと、2週間・2段階のストアトレーニングがあります。
※ローソン店舗勤務未経験者は、スクールトレーニング受講前に、更に5日間ストアトレーニングを学べます。

≪本部社員による新店サポート≫
専従者をサポートしながら、お店に合わせたワークスケジュール作成や見直しを行うとともに、売り場づくり等が出来る人財育成を行います。


開業後

≪定期的なフォロー活動≫
オープン後も担当スーパーバイザーがオーナーに寄り添いサポートします。

≪経営のバックアップ体制も万全≫ ※経営する店舗が「新店」の場合に適用します。
◎開業後一定期間、店舗で発生した廃棄費用の一部を本部が負担します。
 オープン~6ヶ月目の末日:70%
 7ヶ月目~12ヶ月目の末日:50%

 企業プロフィール

株式会社ローソン


事業内容

コンビニエンスストア「ローソン」のフランチャイズチェーン展開

本社・支社・事業所

東京都品川区大崎一丁目11番2号 ゲートシティ大崎イーストタワー

代表者氏名

代表取締役社長/竹増 貞信

従業員数

10,362人 (連結) ※2022年2月末現在

資本金・総資産

資本金/585億664万4000円

設立

1975年4月15日

新たな価値を提供するネイバーフッドストアへ

1975年にローソンが誕生して今年で40年以上。
現在では生鮮食品からCD・DVDなどのエンターテインメント関連商品まで、ありとあらゆる商品・サービスを手掛けています。

「年中無休の24時間営業」が珍しかった時代から、ネット社会の「便利が当たり前」の時代を経て、私たちは今後もマチの人々に欠かせない「ネイバーフッドストア」として存在し続けていきたいと考えています。

PAGE TOP