1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 買取・リユース
  3. その他買取販売
  4. 買いクル/株式会社RCの独立開業情報

買いクル/株式会社RC

無店舗型買取りサービスで粗利90%も可能!成長産業だから完全反響型でも問題ナシの「買いクル」FCオーナー

業種 その他買取販売
契約形態 フランチャイズ

ビジネスの特徴

買取業界の経験は必要なし!既存店の90%が未経験者

コロナ流行後もECサイトだけで副業が成立する時代。買いクルではそれらのサイトを活用した販売方法や、買いクルの歴史で培った海外販路等も活用し、日本国内の廃棄物を減らしつつ、東南アジアへの輸出も行っています。

その結果、本部のリサイクル事業は僅か5年で4.5倍に成長!(※2020年時点)
全国のチェーン店舗数もコロナウィルスによる緊急事態宣言後に出店拡大のピークを迎え、毎月4店舗ずつ新たなオーナーが買いクルに挑戦しています!

買いクルで成功を目指せる3つの理由

1.景気に左右されない市場性
2010年には1兆1500億円だった市場が2020年には1兆7600億円程度にまで成長。(※)

2.無店舗型のメリット
店舗が必要になると1000万円ほどの費用がかかりますが(※)、無店舗型の買いクルは店舗が不要で倉庫のみ。上手なオーナーは倉庫なしで営業しています。

3.独自の集客力
13年に渡る無店舗型集客ノウハウで、19年7月~20年6月までの年間集客数は5万件。独自の集客方法でオープンから仕事ができるので、開業2ヶ月で売上100万円越えのオーナーも出現しています。(関西1名稼働)

(※)いずれも自社調べ

開業支援の詳細

内容の濃い研修と赤字覚悟のサポートで、あなたの開業を全力応援します!

×
契約形態とは
マイナビ独立では、以下5つの契約形態別で独立開業情報をご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
企業が培ってきた運営ノウハウやブランド力(商品の魅力)を活用し、自分自身が経営者(オーナー)となる代わりに、加盟金・ロイヤリティ(売上の一部)を企業に支払う経営方法です。
■代理店
売主/メーカーの商品・サービスを代理で販売する契約です。売価から卸値を引いた金額が報酬となります。低リスクですぐに販売できることが魅力です。
■商材、起業・事業企業支援
企業から商材やブランドの提供を受けて事業を行う契約形態、及び、独立・開業前後の支援に特化したサービス全般を含みます。
■業務委託・フリーランス
委託元の企業から業務を請け負う働き方です。自分の得意分野を仕事にでき、時間に縛られることなく働くことができます。
■独立候補社員(正・契)
正社員または契約社員として働き、その後、社内の独立支援制度等を活用し「フランチャイズ」や「のれん分け」等で独立する開業方法です。稼ぎながら独立・開業を目指すことができます。
契約形態

フランチャイズ

契約期間

3年間

サポート内容
開業前

★業界のプロが1年かけて練り上げた内容の濃い研修!未経験者でも自信を持ってスタートできます!
<研修内容>
リサイクル事業の基礎/コンプライアンス研修/運搬、搬入研修/ビジネスマナー研修/営業研修/遺品整理士講座/ハウスクリーニング研修/各種大手ECサイトの販売研修

▲上記の内容で、未経験の方の場合は基本約20日間の研修になります。
(経験により期間が前後することがあります)


開業後

★本部が赤字覚悟で、ターゲットエリアにweb集客!
本部では数年前からweb集客のデータを収集。
そのデータを元に、新規オーナー様の開業エリアで効果的なweb広告を仕掛けていきます。
その後も、顧客紹介、経営や実務のアドバイスなど、オーナー様1人1人を積極的にバックアップしていきます。

 企業プロフィール

株式会社RC


事業内容

リサイクルネットショップ運営/中古車ショップ運営 中古車輸出事業(ヨーロッパ)/保険代理店業/リサイクル輸出事業(東南アジア)/不動産賃貸業/講演会・イベント事業/レンタカー事業

本社・支社・事業所

■本社/東京都大田区西蒲田3-7-5
■FC本部/東京都大田区池上4-16-12 ウルフエージェントショールーム内

代表者氏名

代表取締役/大堀 直樹

従業員数

26名(2018年6月現在)

資本金・総資産

1000万円 ※グループ計:1430万円

設立

2008年7月

海外販路の拡大が、急成長の鍵!

日本では、販売開始から4〜5年程度の比較的新しい品物の需要が高く、まだ使える品物であっても、10年を過ぎているようなものはロスになってしまいます。
一方、東南アジアでは、日本ではロスになってしまう品物でも需要があるのですぐに買い手が見つかります。
国内向け、海外向け、それぞれ販売する商品を棲み分けすることで買い手が付きやすく、ロスを最小限にし、着実に利益を上げる仕組みができています。

PAGE TOP