1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 買取・リユース
  3. 買取販売(ブランド・貴金属)
  4. WAKABA/株式会社フォーナイン ※全国に店舗急拡大中!/買取FC初!「リペア受注の内製化」で買取&修理も可能に!今まで以上に集客UPが見込めるWAKABAのオーナー の先輩体験談

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

将来を見据えて参入。次の一手として最良の選択でした

■株式会社eaTAKE 代表取締役/竹村さん(38歳)
(WAKABA スーパービバホーム長津田店)

30歳で独立しようと決め、小売・人材・サービス業で経営に必要なスキルを磨いてきた竹村さん。目標通りに30歳で、宅配弁当FCのオーナーとして独立を果たします。
それから8年、法人として2店舗を経営し、業績も順調だった竹村さんが、次のステージとしてWAKABAを選んだ理由と、そのやりがいを伺いました。

当時の年齢

30代後半

事業スタイル

会社経営

キーワード

本部の手厚いサポート

研修で不安解消

 このビジネスを選んだ理由

本部の支援体制も、店舗イメージも理想的だった

宅配弁当の業績は順調ですが、労働力不足が社会問題となっている昨今、将来を考えると、多くの人員が必要な事業には不安があります。そこで自分1人でもできるようなビジネスを探し、買取専門店や、結婚相談所、探偵など複数の業種を検討しました。
その中でも「WAKABA」は買取専門店のプロ集団が立ち上げただけあり、支援体制やノウハウがしっかりしていましたし、買取店によくあるギラギラした店舗でないところも理想的でした。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

鑑定スキルの不安をカバーする支援体制も万全

店舗の場所は自分でも探しましたが、最終的には本部独自の情報網からの紹介で決めました。未経験のため、鑑定スキルに当初は不安もありましたが、オープン後2週間は本部からマンツーマンで支援を受けられますし、その後も困った時にはすぐ聞くことができるので安心です。
また、今はSNSで鑑定をする専門業者さんもあり、情報をすぐに調べることもできます。そういった意味でも、挑戦しやすい業種だと思いますね。

 今のやりがい

集客の工夫をして、リピーターも順調に獲得

2019年2月に開業し、滑り出しは上々。初月からこれまで、毎月200後半~300万円ほどの粗利があります。「WAKABA」は店舗経営の自由度が高く、集客方法もポスティングやインターネットなど、自分で色々と工夫できます。また、ショッピングモール内にあるため、毎週のように持ち込んでくださるお客様など、リピーターも多く獲得しています。
この仕事は飲食業よりも体力的に余裕ができるので、年齢に関係なく長く続けられそうです。

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

買取を軸に事業を拡げ、50歳でセミリタイアが目標!

今、リサイクルやリユースの意識が世の中に広がっており、買取専門店のニーズはさらに高まるでしょう。そして人員を多く抱える必要もないため、労働力不足の時代も多店舗展開もしやすいと思います。今後は、まず2~3店舗に広げ、次にリペア事業など、買取業を軸とした事業の展開も考えています。
そして、50歳にはセミリタイアすることが目標です。その後は少年サッカーチームのコーチなど、悠々自適に過ごしたいですね。

 その他の先輩体験談

他の先輩の体験談をご覧になりたい方は、こちらからお選びください。

WAKABA/株式会社フォーナイン ※全国に店舗急拡大中!

買取FC初!「リペア受注の内製化」で買取&修理も可能に!今まで以上に集客UPが見込めるWAKABAのオーナー

PAGE TOP