1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. その他各種サービス
  3. コインランドリー・クリーニング
  4. 株式会社TOSEI/★無人経営可能★不況に強い新しい投資ビジネス!人手不要のコインランドリーオーナー(法人・個人)を募集の先輩体験談

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

他社と比べてやっぱりTOSEIにして良かったと思います

森川忠さん/ホワイトピア富里御料店ほか3店舗経営

ガソリンスタンド経営やLPガス卸売などを手がける有限会社森川商店の3代目であり、地元の町議会議員も務めた森川さん。自宅兼事務所の土地を活用すべく、奥さまとともにコインランドリー経営を始めました。その後は新たに物件を取得し、現在は4店舗に拡大。「たとえ無人店であっても人と人のつながりを大切にしたい」と話す森川さんに、TOSEIの魅力を伺いました。

当時の年齢

50代

当時の自己資金

1001万円以上

事業スタイル

会社経営

キーワード

お客様と近い距離で働く

繁盛店の経営

 このビジネスを選んだ理由

集中精算システムで一元管理できる所がTOSEIならでは

コインランドリーを始めた頃は、実は他社メーカーの機械を使っていたんです。TOSEIに切り換えたのは「32kgまで対応可能」な製品があり、週に一度、まとめて洗濯したいというお客さまのニーズに応えられるから。加えて集中精算システムにより、売上管理や集計がぐっとラクになり、数店舗を管理する上でも役立っています。自分のスマホで売上をリアルタイムに見られるのも嬉しいですね。設定も難しくはありませんでした。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

店舗ビジネスなのに、人が要らないって経営者には安心

最初に出店した際は、親族から「コインランドリーにそんなに投資して大丈夫?」と心配されたこともありました。確かに1店舗単体で見れば、月の粗利は30〜40万円というところ。なので私は当初から複数店舗展開を考え、たとえ売上規模が小さくても、人にまつわるリスクが小さい体制を作っていきました。店舗ビジネスで一番懸念されるのは「人」ですが、コインランドリーなら、急に誰かが休んでも問題なく運営できるんです。

 今のやりがい

無人経営可能だからこそ、出来ることがあるんです

一方で、これは矛盾するようですが、私は「放っておいてもお金が入る商売」が性に合わないんです。商売とは、たとえ無人店であっても会話が基本。だから妻を中心にして、4人の管理担当者を配置しています。本当はもっと少ない人数で回せますが、地域で人を採用すれば、その知り合いがお客さまになってくれますから(笑)。私も時間ができれば店舗を回り、お客さまと会話しています。そんな毎日が楽しいんです。

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

コインランドリー市場も物件争奪戦へ、早めに動くべき

機械の耐用年数は、おおよそ13年だと聞いています。全体の投資回収見込みは7〜8年後くらいでしょうか。収益計画は気長に考えつつ、無理なく運営できる規模として10店舗体制を目指すつもりです。ただ悩みどころもあって、最近は、コインランドリーに適した物件の取得が難しくなってきました。コインランドリー市場も物件争奪戦になりつつあるんです。この事業に興味がある人は、早めに動いたほうがいいのかもしれませんね。

 その他の先輩体験談

他の先輩の体験談をご覧になりたい方は、こちらからお選びください。

株式会社TOSEI

★無人経営可能★不況に強い新しい投資ビジネス!人手不要のコインランドリーオーナー(法人・個人)を募集

PAGE TOP