1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 独立・開業 成功ガイド
  3. こんな人がフランチャイズに向いている!
独立・開業 成功ガイド
こんな人がフランチャイズに向いている!

フランチャイズのメリット・デメリットを把握しよう

フランチャイズは万能ではない!

「独立開業」するにあたって、フランチャイザー本部から様々なサポートが受けられる「フランチャイズ」加盟は、「個人事業」や「法人」を立ち上げるよりも、経営者としてのハードルは低めで、安心感があることはたしかです。しかし、フランチャイズチェーンへの加盟にも、人によって向き不向きやメリット・デメリットは当然あります。独自開業とフランチャイズの違いをしっかり把握することが大切です。

フランチャイズ加盟のメリット

フランチャイズに加盟することの最大のメリットは、本部からのサポートです。経営指導や研修など、開業前も開業後も継続して受けることができます。事業に必要な商品や原材料、サービスのノウハウも本部から安定して供給されるので、加盟店側が新規に取引先を開拓する必要もなく、未経験の分野にも進出しやすいというメリットも。おまけに商品開発や宣伝も本部が主導するので、加盟店は自分の店舗経営に専念することができます。

市場調査に基づいた本部の指導により、競合他社との価格競争にも、独立開業ほど頭を悩ませることもないでしょう。いちから資金繰りをしなければならない独自開業よりも、比較的金銭的負担が少なく始められるのも、安心材料のひとつ。顧客に安心してもらえるフランチャイズチェーンとしてのブランド力や知名度を活用できるのも、フランチャイズならではのメリットといえます。

フランチャイズ加盟で注意したいこと

素早く開業でき、経営に失敗する可能性が低いなど、いいことづくしに見えるフランチャイズにも、注意すべき点はあります。まず、なんと言っても「自由度」。本部が提示するノウハウは標準化、システム化されているので、独自開業に比べて、加盟店側が独自性を発揮する余地が少ないです。契約も一律なので個別の希望は通りにくいので、全てを自分で創意工夫したい人には、フランチャイズ加盟は不向きかもしれません。

また、本部の経営状態の悪化やトラブルによるイメージダウンの影響を受けやすいのも、全てが自己責任の個人開業とは違う点です。また契約内容によっては、フランチャイズ契約を終了しても、一定期間は同業で開業できないなど、様々な制限が付く場合もあります。本部選びにも、注意が必要でしょう。

どんな人がフランチャイズに向いている?

このようにメリット・デメリットは様々ですが、では実際に、どんな人がフランチャイズに向いているのでしょうか? まずは「資産が足りない人」です。独立開業するには「ヒト」=人脈、「モノ」=開業に向けた店舗や機材、「カネ」=開業準備資金など、必要な資産があります。それらが潤沢でない人にとって、フランチャイズシステムは大きな味方です。

次に、「とにかく独立したい人」です。業種など、事業フィールドはともかく、とにかく現状を打破し、新たな人生を自分の手で切り拓きたいと考えている人にとって、フランチャイズは最適な方法だと考えられます。独立開業はしたいけれど、「個人事業」や「法人」設立はハードルが高すぎると感じるならぜひ、どんなフランチャイズチェーンがあるのか、どんなシステムなのかをチェックしてみましょう。自分に向いたフランチャイザーが見つかり、より独立開業に向けた具体的で大きなビジョンが描けるかもしれません!

会員登録をして、独立・開業に役立つ便利機能を活用したり、
メルマガを無料で購読しよう!

会員だけの特別特典Membership Benefits

独立・開業に役立つ!全国の商圏情報が見られるマーケティングツール「makepla」が無料で使える!

会員登録
PAGE TOP