1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 独立・開業 成功ガイド
  3. 独立開業するための“資源”を確保する
独立・開業 成功ガイド
独立開業するための“資源”を確保する

独立開業に必要なのは3つの“資源”!

「ヒト」「モノ」「カネ」を準備する!

「独立開業」に限らず、ビジネスを成功に導くには3つの資源が必要です。ひとつは人脈=「ヒト」。ふたつめは事業を運営するための店舗や機材=「モノ」。3つめは事業を始め、継続するための資金=「カネ」。この3つをどれだけ準備できるかで、事業の種類や規模、扱うサービスや商品も変わってきます。ひとつひとつがキチンと準備できているかどうか、チェックしていきましょう。

独立開業を成功に導く「ヒト」との繋がり

人脈=「ヒト」が豊かであればあるほど、独立開業が成功する確率は高まります。最初に必要な「ヒト」とは、取引先や顧客のこと。開業前に多くの取引先や顧客を確保できていれば、先に売り上げの予測が立てられるので、開業時に多くの資金が調達できなくても、事業を軌道にのせやすくなります。同業の友人を増やせば有益な情報交換ができ、サラリーマン時代の上司や先輩からは、客観的なアドバイスをもらうこともできるでしょう。信頼できる人脈は、将来的にも大きな財産。知人を通じて取引先などを紹介してもらったり、商工会議所などのセミナーに参加するなどして、人脈を豊かにしておくことが大切です。

独立開業の準備をラクにする「モノ」

独立開業の準備には、多くの「モノ」が必要です。事業の基盤となる店舗や事務所はもちろん、店舗にはディスプレイも必要ですし、事務所には事務機器や事務用品が必要です。商品を製造する場合は製造機器と原材料は必須です。移動が多い仕事ならクルマも用意したほうがいい……と、開業には想像以上に「モノ」が入り用になるのです。「モノ」を自前で用意できれば、開業準備の借入金も、時間と手間も減らせます。レンタル品や中古品を探してみるのもお薦めです。飲食店なら“居抜き物件”を見つけるのも、負担を減らすにはいい方法です。店舗や事務所の用意が難しければ、自宅で開業できるネットビジネスやSOHOを検討してみましょう。

独立開業に必要な「カネ」をしっかり準備

「モノ」を準備するためにも「カネ」は必要不可欠。独立開業する際、もっとも心配の種となるのも「カネ」でしょう。サラリーマンから独立開業を目指す人は、退職金の額をチェックし、無駄遣いしないことが重要です。手持ちの資金が足りない場合は、金融機関や家族から借り入れることになりますが、現金、預貯金、売却可能な資産の額が多ければそれだけ、借入額も少なくすみ、返済もラクになります。ローンを組んだり、融資を受ける際も、手持ち額が多いほど審査に有利です。借入金の返却に不安があるようなら、事業の規模縮小を検討する、預貯金が増えるまで開業を延期するなどの方法も検討しましょう。

会員登録をして、独立・開業に役立つ便利機能を活用したり、
メルマガを無料で購読しよう!

会員だけの特別特典Membership Benefits

独立・開業に役立つ!全国の商圏情報が見られるマーケティングツール「makepla」が無料で使える!

会員登録
PAGE TOP