1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 独立・開業 成功ガイド
  3. 安心できる仕入れ先や外注先の選び方
独立・開業 成功ガイド
安心できる仕入れ先や外注先の選び方

取引先選びで大切なのはなにより信頼!

仕入れ先・外注先の確保は慎重に!

いい立地条件と顧客が見込め、高いスキルがある人材を確保して事業をスタートしても、商品やサービスの質が悪ければ成功は難しい。そこで重要なのが、商品の仕入れ先などの、サービスをサポートしてくれる外注先の選定です。仕入れ先も外注先もコストが掛かりすぎては、事業の運営そのものに影響しますが、安かろう悪かろうでは元も子もありません。顧客の信用を失ったり、評判が悪くならないよう、良質で確実性と信頼性の高い取引先を選ぶことが大切。お互いに信頼のおける相手なら、不測の事態やトラブルへの対処もスムーズに解決できるはずです。

主な仕入れ先をチェック

小売業や飲食業を営むなら、仕入れ先の選定は一層重要な課題でしょう。主な仕入れ先としては、いわゆる問屋と呼ばれる卸売業者(食材なら「仲卸」)、実際に商品を製造しているメーカーや産地との直接取引、海外の商材を扱う商社との取引などが考えられます。一般的な商品なら、卸売業者を頼るのが便利です。メーカーは小売業者との直接取引を嫌がるところも多いので、マメに情報収集が必要。海外品の商社取引は面倒な手続きや輸送を委託できますが、コストがかさむデメリットもあるので、現地を訪れて直接買い付ける方法もあります。飲食業の場合、一般のスーパーの特売や量販店を利用することも視野に入れましょう。

仕入れ先の見つけ方

いい仕入れ先を選ぶには、直接足を運ぶのがいちばんです。業界専門誌やカタログ、今ならインターネットで仕入れも可能ですが、実際に商品を見て品質を確認したり、話しをしてみて信頼のおけるパートナーかを自分の目で確かめましょう。全国には仲卸業者が集まる問屋街がありますし、各種メーカーが直接出展する見本市、展示会なども開かれているので、サンプルを試したり、直接話をして、いい仕入れ先を見つけましょう。見本市や展示会、イベント情報は、最寄りの商工会に問い合わせてみましょう。業界情報が集まるインターネットサイト、展示場サイトのスケジュールなども要チェックです。

仕入れ先を選ぶ3つのポイント

いい仕入れ先を選ぶには、まず「価格」「品質」「供給量」をチェックします。「価格」は複数の業者から同じ商品の見積りを取る「相見積り」を参考に相場を調べられます。数量割引・季節割引・現金割引などの割引条件があるかどうかもポイントです。「品質」は実際にサンプルを取り寄せて調べます。原産地などの情報も気にしましょう。「供給量」は安定しているか、小口、大口の注文に応えてくれるかも大切です。また、不良品があった場合の返品条件や、納品期間、輸送手段や梱包、納品の条件、そして現金払いか、掛取引ができるかなどの支払い条件も大事なポイントです。

外注先選びのポイント

サービスの制作や提供に下請け業者を使う、オフィスワークをアウトソーシングするなど、外注先を選ぶときは、まず個人的な人脈を頼ることが多いでしょう。いつもの仕事ぶりを知っていたり、人としての相性がいい相手を選べば安心して任せられ、信頼もできます。事業が拡大すると新たなスキルや多くの外注先が必要となります。そうした場合は、外部スタッフを紹介するエージェンシーを活用する手もあります。さまざまなスキル、条件に合った外注相手を見つけましょう。

会員登録をして、独立・開業に役立つ便利機能を活用したり、
メルマガを無料で購読しよう!

会員だけの特別特典Membership Benefits

独立・開業に役立つ!全国の商圏情報が見られるマーケティングツール「makepla」が無料で使える!

会員登録
PAGE TOP