1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. マイナビ独立マガジン
  3. 先輩開業インタビュー
  4. 生き残るためにプロとアマの「隙間」を狙った。都心の自転車屋、成功の鍵とは
先輩開業インタビュー
生き残るためにプロとアマの「隙間」を狙った。都心の自転車屋、成功の鍵とは

休日のアクティビティーや通勤の足として、さらにファッションアイテムとしても人気を集める「自転車」。いわゆるママチャリや電動アシスト自転車を中心に扱う量販店と、プロ競技者も利用する専門店の二極化が進むなか、その中間ゾーンを狙って2011年にオープンしたのが、東京・東日本橋のavelo Bicycle shopです。

一人で店を切り盛りする齋藤純一さんは、「儲かる仕事じゃないことはわかっていた」と言いながらも、エンジニアから脱サラして独立。はじめの1年は無給だったそうですが、冷静な分析と的確な経営で乗り越え、個人店ならではの柔軟な対応で着実に常連客を増やし続けています。しっかりとした戦略と事前準備とともに、独立開業に挑戦した齋藤さんにお話しを聞きました。

量販店とプロショップの間にニーズがある。エンジニアを辞め独立するための戦略

量販店とプロショップの間にニーズがある。エンジニアを辞め独立するための戦略 ――独立前はどんなお仕事をされていたんですか?

齋藤:大手メーカーに勤めており、生産設備の開発や、工場の立ち上げに携わるエンジニアをしていました。11年ほど働き、2011年、35歳のときに独立しました。

――いつ頃から自転車に興味を持ち始めたのですか?

齋藤:15、16歳のときに、たまたま『ツール・ド・フランス(毎年7月にフランスなどを舞台にして行われる自転車プロロードレース)』の映像を見て、ロードバイクに乗りはじめました。でも、選手としては華々しい結果は残せませんでした。その後も乗り続けて、自分の自転車を整備することもありましたが、別に将来仕事にしたいと考えたことはありませんでしたね。まあ、腐れ縁みたいな感じでした(笑)。

趣味で自転車いじりを続けている一方で、会社員になってから、昔からあった自分の城というか、会社を持ちたいという願望が大きくなっていったんです。それで、「自分はビジネスとしてなにができるか?」を考えたときに、いま持っているスキルや知識を照らし合わせると、できることは自転車くらいかなと。その願望を叶えるために、10年ほど会社員を続け、開業資金が貯まったタイミングで独立したという感じですね。

――自転車の原価は定価の約7〜8割が一般的と言われています。ビジネスとして勝算はあったのでしょうか?

齋藤:勝算とか、大きく儲けたいという考えは特にありませんでしたね。会社をつくるにあたり色々調べてみて、ほかの小売業と比べて、儲かる仕事じゃないことはわかっていました。20〜30年前だったら伸びしろは大きかったかもしれないけど、すでに普及しきった状態で、日本の人口も減少している。でも、自分一人のメシが食えるくらいにはなるかな、とは考えていました。それに、人生は一度きりだしやってみよう、と。

――厳しい状況であることは理解しつつも、食べていけるくらいには稼げると考えたのは、なにか理由があったのでしょうか?

齋藤:私が開業した当時、自転車屋は、大型の量販店と、プロショップといわれるマニア向けのスポーツバイク専門店に二極化している状況でした。量販店は基本的に自転車を売るだけで、パンク修理や部品の取りつけなどの簡単なメンテナンスしかしてもらえない。逆にプロショップは、気軽に自転車を楽しみたい人にとっては少し入りにくい。その「隙間」を狙えば、商売として成立するんじゃないかなと思ったんです。

――量販店とプロショップのあいだというのは、具体的にはどういうお店を目指したのでしょうか?

齋藤:いわゆるママチャリではなく、1台数十万円する高級車でもない、6〜10万円ぐらいの街なかで乗り回せるバイクを中心に取り扱うこと。それでいて、しっかりとしたメンテナンスサービスも行うことができるお店を考えていました。

競技用自転車に関する知識もある程度ありましたし、エンジニアとして部品をつくったり、図面を書いたりもできた。そういったスキルも考えて、中間ゾーンを狙うのが一番向いているんじゃないかと思ったんです。

立地選びでは、競合店の有無だけでなく、自分の居心地のいい街を選ぶのも重要

立地選びでは、競合店の有無だけでなく、自分の居心地のいい街を選ぶのも重要 ――開業前から、しっかりとした店のビジョンを持っていたんですね。実際に開業準備はどのように進められたんですか?

齋藤:開業する前の4年ほど、サラリーマンを続けながら、週末だけ自転車屋で働かせてもらいました。それまでも自分の自転車はいじっていたけど、人の命を預かる仕事なので、しっかりとしたスキルを身につけなければと考えました。

それから、本当に自分がやっていける仕事なのかどうかも確認したかったんです。気になっていた自転車屋さんの求人を見つけて飛び込んで、独立することも視野に入れて働かせてもらいたいとお願いしたら、快く受け入れてもらえました。そのお店のご主人には、いまも感謝しています。

仕事に入っていたのは週末だけだったので、細かい経営ノウハウを学ぶまではできなかったんですけど、自転車を組み立てる技術を磨くことができました。自転車は基本的にメーカーからバラバラの状態で送られてくるので、それを組み立てて、お客さまに提供するのが大きな仕事のひとつ。お客さまの乗り方や身体に合わせて、オーダーメイドのようにチューニングして提供する必要があります。

――週末だけとはいえ、4年は長い期間ですよね。

齋藤:「自転車技士」と「自転車安全整備士」という資格を取るために、2年以上の実務経験が必要だったんです。その資格がなくても開業できるのですが、メーカーや代理店さんによっては信頼してもらえず自転車を卸してもらえない場合もあるし、お客さまの安心にもつながるので、取っておきたかった。それから、サラリーマンとしての仕事の、キリがいいタイミングを待っていたという事情もありました。ただ、私の場合、ベースとなる整備方法や規格・工学知識がありましたが、それがない人は、もっとみっちり身につける時間が必要だと思います。

――修行のほかに、開業に向けた準備はどういったことをしましたか?

齋藤:開業する2〜3年前から、リノベーション物件を紹介するウェブサービス「東京R不動産」をつかって物件を探しはじめました。平日はサラリーマン、週末は修行をしていたので、それほど多くの物件を見たわけではないですが、タイミングよく、いまの物件を見つけることができました。

――立地選びでは、どのようなことを意識したのでしょうか?

齋藤:まずは、競合店の存在ですね。ネットをつかって自転車屋が少ないエリアを探したら、23区内では錦糸町と日本橋のあたりにチャンスがありそうだった。そこから、物件を絞っていきました。

――この店がある東日本橋エリアは、一般的にはビジネス街というイメージが強いところです。なぜ錦糸町ではなく、東日本橋を選んだのでしょうか?

齋藤:じつはこのあたりは、昔から問屋が多くあったエリアなんですが、近年は廃業するところも多く、問屋だった場所が少しずつマンションに建ち替わり始めていたんです。だから、徐々に住む人が増えるんじゃないかという期待はありました。

あと、これは感覚的なことなのですが、自分のキャラ的に錦糸町は違うかなと(笑)。というのも、商品の中心にしようと考えていたのは6〜10万円の自転車。自転車としては中間の価格帯ですが、安い買い物というわけではないですよね。だから、自分と同じくらいの年代である30代から40代くらいのお客さまが中心と考えていました。その意味で、自分が居心地のいい街を選んだほうがマッチすると思ったんです。実際、予想通りの客層の方に来店してもらっています。

開業資金は約1,000万円。幅広いニーズに応えるために必要だった工具の充実

開業資金は約1,000万円。幅広いニーズに応えるために必要だった工具の充実 ――開業資金は、どのくらい用意しましたか?

貯金を使い、すべて自己資金で約1,000万円用意しました。1,000万円という金額は、開業・運転資金と、資本金1,000万円未満は消費税が免除になるので、それらを考えて算出した額です。

一番お金がかかったのは工具で、全部で200万円ほど。プロショップと同じ工具だけでなく、幅広いニーズに応えるさまざまな工具も必要になるので大変でした。それに加えて、店舗契約や什器を揃えるので計500万円くらいかかりましたね。

逆に内装は全然お金をかけてなくて。もともと機械工場のような雰囲気を目指していたので、コンクリートや配管はむき出しのままを活かして、什器類も市販品に手を加えるなどして、自分でつくりました。エンジニア時代、工場立ち上げのために、設備レイアウトや動線の最適化をしていた経験が役に立ちましたね。

――自転車屋を開業する際に、多額の資金が必要となりそうな仕入れについてはいかがですか?

齋藤:店は、テナント契約後、なりゆきで5月に開業したのですが、当時は思うように仕入れができなかったので、想定よりもお金がかかりませんでした(笑)。自転車は9〜10月くらいにモデルチェンジすることが多く、代理店さんも6〜8月は新モデル待ちで在庫が少なくなります。特に開業時は、東日本大震災の影響による自転車特需が終わったあとで問屋在庫がほとんどない状況でした。最初のうちは修理ばかりしていましたね。

――仕入れに関する苦労はあったものの、量販店とプロショップの中間という事業の狙いや、客層を考えた立地選びなど、しっかりと準備をしての開業というイメージを受けます。当初のイメージどおり、業績を伸ばすことができましたか?

齋藤:いえ、最初は全然ダメでした。自分ではそんなにうまくいくはずないと思っていたので、事業計画書を「最悪のパターン」と「そこそこうまくいったパターン」の2種類でつくっていたのですが、見事に最悪のパターンになりました(笑)。

最初の1年くらいは問屋さんからの信頼もないから、扱いたい自転車もなかなか仕入れられないし、給料もゼロ。でも、売上は徐々に伸びていたし、もう少し頑張れば、やっていけるんじゃないかなという手応えはあったんです。周囲からのいろいろなプレッシャーがあったサラリーマン時代と比べると、自分との戦いという感じだったので、じっくりと構えていました。

――具体的にどういったサービスが受け入れられていったのでしょうか?

齋藤:やはり、海外ブランドのチャイルドシートの取りつけやオイル系メンテナンス、オーダーメイドパーツ製作など、量販店やロードバイク専門プロショップは断ってしまうような依頼でも引き受けることに、ニーズがあったのかと。ママチャリ修理から高性能なスポーツバイクまで対応できるお店だと、お客さまにも少しずつ知ってもらえていたと思います。

それから、お店の周りに少しずつマンションが増えていましたが、少し離れればオフィスも多くあるエリア。自転車で通勤している方に向けて、朝に自転車を預かり、仕事が終わって帰るまでにメンテナンスをしておくというサービスも、好評をいただけました。やはり、お客さまの悩みを自分の手で解決して、しかも喜んでいただけたときはやりがいを感じますね。

――周知のために、広告展開などの施策は行いましたか?

齋藤:専門誌には少しだけ出しましたけど、ほとんどやってないです。資金の問題もありましたけど、いまの時代、お客さまは自分で検索して、欲しい自転車があるお店に行くのではないかと。そのぶん、取り扱っている自転車やカスタム事例を紹介するために、写真をたくさんつかったブログを積極的にアップしていました。当時、自転車屋さんのブログで、きれいな写真を出しているところは少なかったんです。

冬場は自転車屋にとって「死のシーズン」。乗り切るためのユニークな方法とは

冬場は自転車屋にとって「死のシーズン」。乗り切るためのユニークな方法とは ――自転車の販売よりも、修理の売上のほうが大きいのでしょうか?

齋藤:いまは月に10〜15台ほど売れていて、売上の比率としては完成車販売のほうが圧倒的に大きいのですが、利益率は少ないんです。一方で、利益率の大きい修理は、一人でやっている以上、受けられる数に限界がある。基本的な収入は修理で稼いで、自転車が売れたらボーナスのようなイメージで経営しています。

――自転車は、冬になると乗る機会が減り、業界の売上も大きく落ちるといわれています。そういった売上のバラつきには、どう対処されていますか?

齋藤:1〜2月は死のシーズンですね。本当に売れない。セールをしたり、福袋をつくったりして売上を稼ぐお店も多いのですが、うちはどれもやっていません。なぜかというと、決算を12月にしているから。じつは、うちは決算も含めた会計処理を、経費削減と業績管理のため、税理士さんを入れずに全部自分でやっているんです。専門的な勉強をしていたわけではないので、1、2月は決算書類をつくるので手いっぱい。最初から、そうなることを見込んで12月の決算にしました(笑)。

――逆転の発想ですね(笑)。死のシーズンにあがくのではなく、諦めることで店舗経営の効率化にもつながっている。

齋藤:そうですね。ただ、本当は分業して、もっと経営面を強化するほうが正しいと思っています。現状、自分一人だからなんとかなっているだけで、まだ軌道には乗ってないと思っています。たとえばいま、自転車シェアリングサービスが増えていますが、中間層のお客さんは、そっちにシフトする可能性が高いです。そこに取られる売上をどう補填するか。これから考えなければいけないと思っています。

――そのためには、どういった工夫や施策が考えられるのでしょうか?

齋藤:大きく分けると、3つの方針があると思うんです。まずは修理に特化して、店の規模を小さくして、固定費を下げていく方向。実際に在庫はほとんど置かず、家賃の安い郊外に店を構えているところもあります。それから、逆に拡大する路線。問屋やメーカーの役割まで拡大するスタイルですね。

もうひとつは、飲食業などの他業態と組み合わせる方向。海外だとランドリーと自転車屋を合体させて、洗濯している間にメンテナンスをする、というサービスもあるんです。日本でも、カフェと組み合わせて、コミュニティースペースを提供するところも出てきてますね。お客さまのニーズや市場の動向を見極めながら、生き残りのために工夫していかなければいけないと考えています。

avelo Bicycle shop

東京都中央区東日本橋 3-9-11 FETビル 1F
070-5075-8192
不定休
月曜〜土曜 9:00〜21:00
日曜 9:00〜19:00
※取材時点の情報です

https://www.avelotokyo.com/

 マイナビ独立フランチャイズマガジンの最新記事

一覧を見る
PAGE TOP