1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 関西/福祉・介護・デイサービス・訪問介護の 説明会日程一覧

  説明会日程一覧

独立・開業に関する募集各社が実施する説明会に参加するメリットは、事業内容はもちろん、代表者のビジョンや想いを知ることができる点です。また、ご自身の知りたい情報を直接質問できるというメリットがあります。なかには遠方の方向けに「電話説明会」や「Web説明会」を実施している場合もありますので、詳細は各社説明会情報よりご確認ください。
希望する業種・業態などが具体的でない方は、興味のある企業の説明会にまずは参加してみることをおすすめします。
希望する業種・業態をある程度イメージされている方は、複数社の説明会に参加することで比較検討も可能になります。
※マイナビが主催するイベント・セミナーは含まれていません。マイナビ主催のイベント・セミナーに参加をご希望の場合は「イベント情報ページ」をご確認ください。
2件中 1-2件表示
フランチャイズ
「がっちりマンデー」で紹介された、在宅マッサージ業界の上場企業が持つ"4つの自信"をお伝えします!
フレアス 在宅マッサージ/株式会社フレアス(東証マザーズ上場)
お電話とパソコンで気軽に説明が聞けます!まずは10分のオンライン説明会へ是非ご参加ください!
新型コロナウイルスの感染拡大によるリスク対策のため、 ベルフェイスを使用した「オンライン説明会」を推奨しております。 オンライン説明会は【無料】で、【10分から】気軽に説明を受けられます。 お電話とパソコン又はスマホのいずれかがあ...
業種 整体・フィットネス・マッサージ 福祉・介護
フランチャイズ
介護フランチャイズ┃利用者継続率は驚異の95.6%┃個人でもできる小規模デイサービスの独立開業
レコードブック/株式会社インターネットインフィニティー【東証マザーズ上場】
「介護っぽくない」レコードブック成功の秘訣とは・・!?伸び行く市場にマッチした事業戦略を公開!
【全国で160店舗以上展開中!(2019年4月時点)】 ☆彡リハビリ型デイサービス「レコードブック」☆彡 オーナー様の約8割は業界未経験からのスタートですので、お気軽にお申込みください! ◆説明会◆ ・介護・デイサービスの市...
業種 デイサービス
2件中 1-2件表示
■集団説明会
本部や募集元企業(※以下、企業)の本社や支社、貸し会議室等、場合によってはホテルのホール等で開催されます。数人~数十人規模の参加者を募り一同に開催するタイプ。また、企業によっては「既存店舗の視察」「商品・サービスの試食や体験」「研修センターの見学」等がセットされたツアー形式の説明会を開催しているケースもあります。
集団説明会では、基本的に事業説明がメインとなりますが、質疑応答の時間を確保されているケースが大半なので、気になる点については積極的に確認しましょう。
事業理解のほか、他の参加者の質問により自分では気づき得なかった視点・観点での情報を得られることもあります。

■個別説明会
企業の代表や加盟開発担当者からマンツーマン(または1組)で説明を受けるタイプ。
企業指定の場所にて開催することが大半ですが、企業の担当者が参加者の最寄り駅まで来てくれるケースもあります。
事業説明はもちろん、企業によっては説明会開催エリア(開業希望エリア)のデータをもとにした収支シミュレーションを開示されるケースもあります。
なお、ダウンロード資料等で事前にその事業について理解しておけば、説明会では事業理解をすり合わせつつ、資料では知り得ない点を重点的に説明してもらい、その他は気になる点の確認に終始する。といった形で効率的に進める事も可能です。
気になる点はその場ですぐに確認できるので不安要素や懸念点など、どんな些細なことでも良いので確認しておきましょう。
また、集団説明会や概要資料等ではなかなか詳らかにされない、核心的な情報を確認しやすい(得やすい)のも個別説明会の特徴です。

■電話・オンライン説明会
自宅やオフィス等、自由な場所で説明を受けられるタイプ。
個別説明会(面談)前のファーストステップとして、電話・オンライン説明会を開催しているケースや、地方在住者向けに限定し開催しているケースなど、企業によって様々なケースがあります。通信環境と場所さえ整っていればどこでも受けることができます。
また、オンライン説明会は事業概要の説明動画のみ視聴するケースもあれば、オンラインサービスを使い、webカメラを通じて面談形式(マンツーマン)で行われるケースや、企業1人に対し、複数名が参加するケースなど、企業によって様々です。
気軽に参加したい、説明会の雰囲気を知りたいといった方は、説明会参加の一歩として電話・オンライン説明会に参加すると良いでしょう。
オンライン説明会は、自宅にいながら参加できるため他の説明会よりも手軽に参加できます。そのため検討意欲の高い企業だけではなく、まだ興味・関心レベルの企業であっても、情報収集のために参加するのも一手です。多くの説明会に参加することで、新しい発見があるかもしれません。
検討度合いが高くなかった企業でも、詳しく説明を聞いてみたら自身の希望との思わぬ合致点を見つけられる、そんな出会いに繋がる可能性もあります。
PAGE TOP