1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 代理店
  3. 代理店/コンビニ・小売の独立開業情報 募集一覧

 独立開業情報 検索結果一覧

代理店/コンビニ・小売の独立開業情報 募集一覧

×
契約形態とは
マイナビ独立では、以下5つの契約形態別で独立開業情報をご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
企業が培ってきた運営ノウハウやブランド力(商品の魅力)を活用し、自分自身が経営者(オーナー)となる代わりに、加盟金・ロイヤリティ(売上の一部)を企業に支払う経営方法です。
■代理店
売主/メーカーの商品・サービスを代理で販売する契約です。売価から卸値を引いた金額が報酬となります。低リスクですぐに販売できることが魅力です。
■商材、起業・事業企業支援
企業から商材やブランドの提供を受けて事業を行う契約形態、及び、独立・開業前後の支援に特化したサービス全般を含みます。
■業務委託・フリーランス
委託元の企業から業務を請け負う働き方です。自分の得意分野を仕事にでき、時間に縛られることなく働くことができます。
■独立候補社員(正・契)
正社員または契約社員として働き、その後、社内の独立支援制度等を活用し「フランチャイズ」や「のれん分け」等で独立する開業方法です。稼ぎながら独立・開業を目指すことができます。
コンビニ・小売

×
プロフィールを登録すると・・・
プロフィールを登録すると、保存した希望条件を使った検索や、新着掲載の中から
希望条件に合致した情報があった時、お知らせメールを受け取ることができます。

コンビニ・小売の市場動向

独立開業における小売業は、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどの各種総合小売、ネットショップなどの通信販売、服飾販売、飲料・食料品販売、自動車販売、家具・家電販売、雑貨や日用品販売、リサイクルショップなどの中古品販売など幅広い業種です。一般の消費者を対象に、商品を仕入れ、店舗で販売する業態を指します。

経済産業省「平成29年小売業販売を振り返る」によると、平成29年の小売業の市場規模は142兆円、前年比1.9%増で、平成26年から3年ぶりの増加となっています。 業態別ではドラッグストアが出店・販売共に勢いがあるほか、コンビニエンスストアの市場規模は11兆7,451億円で、出店増加による拡大戦略を続け、事業所数、1事業所当たり販売額ともに増加(他方、前年比プラス幅は縮小)が続いています。

小売業で重要なことは、商圏の特徴や時節ニーズを捉え固定客を確保することです。特にお弁当から日用品まで扱うコンビニエンスストアでは商圏リサーチが重要となるため、フランチャイズをはじめとする支援企業の仕組みを利用すれば、安定した収益が見込めるでしょう。 地域のお客様と近い距離で働くことができるため、「人と接することが好き」や「話すことが好き」といった方におすすめの業態です。また、SV(スーパーバイザー)やパート・アルバイトとの関係構築も重要になるため、コミュニケーション能力が活かせる仕事でもあります。

該当する独立開業情報はありません。

PAGE TOP