1. 独立・開業・フランチャイズ情報TOP
  2. サービス関連
  3. 不動産・住宅
  4. RE/MAX KANSAI/OSAKA/株式会社I2Mの独立開業情報

RE/MAX KANSAI/OSAKA/株式会社I2M

不動産業未経験でも出来る仲介業の新しいカタチ。海外最先端の「RE/MAXのビジネスモデル」とは?

業種 不動産・住宅
契約形態 フランチャイズ

ビジネスの特徴

世界に誇るブランド力で、日本の不動産業界に革新を!

RE/MAXはアメリカ発の不動産フランチャイズで、世界約100ヶ国に展開し、所属しているエージェント(不動産仲介営業職)は11万人以上に及びます。

これまでのような「物件ありき」の仲介モデルではなく、お客様の理想のライフスタイルを実現するために、エージェントがお客様に相応しい物件を選んで提案を行う「ひと」と「ひと」をつなぐ新しい不動産取引のカタチとして、今後の成長性が期待されています。

「物件を選んでもらう」のではなく、「エージェントという人」を選んでもらう新たなビジネスモデルと言えるでしょう。

エージェントのビジネスパートナーとして利益を得る!

今回の募集は不動産仲介の営業や事務手続きを行うエージェントが所属する「オフィスオーナー」の募集です。

通常不動産業を始める場合、宅地建物取引業の免許手続きや宅建協会への加盟などが必要ですが、これらの手続きをオフィスオーナーが行い、営業拠点としての環境を整えるほか、エージェントの採用・育成によってオフィスを発展させていきます。

一方、エージェントはオフィスに所属しオフィス利用料を支払うことで、不動産取引が行えるだけでなく、RE/MAXのブランド力とネットワークを活用できるWin-Winの仕組みです。

開業支援の詳細

研修プログラムとトレーニングアドバイザーの手厚いサポートにより、不動産業未経験でも挑戦できる!

×
契約形態とは
マイナビ独立では、以下5つの契約形態別で独立開業情報をご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
企業が培ってきた運営ノウハウやブランド力(商品の魅力)を活用し、自分自身が経営者(オーナー)となる代わりに、加盟金・ロイヤリティ(売上の一部)を企業に支払う経営方法です。
■代理店
売主/メーカーの商品・サービスを代理で販売する契約です。売価から卸値を引いた金額が報酬となります。低リスクですぐに販売できることが魅力です。
■商材、起業・事業企業支援
企業から商材やブランドの提供を受けて事業を行う契約形態、及び、独立・開業前後の支援に特化したサービス全般を含みます。
■業務委託・フリーランス
委託元の企業から業務を請け負う働き方です。自分の得意分野を仕事にでき、時間に縛られることなく働くことができます。
■独立候補社員(正・契)
正社員または契約社員として働き、その後、社内の独立支援制度等を活用し「フランチャイズ」や「のれん分け」等で独立する開業方法です。稼ぎながら独立・開業を目指すことができます。
契約形態

フランチャイズ

契約期間

5年

サポート内容
開業前

●不動産業未経験でも安心してスタートできる「研修プログラム」
・RE/MAXの歴史や経営理念、ネットワークについて
・事業収支等のビジネスプランニング
・オフィス開業に必要な7つのステップ
・エージェントのリクルートやマーケティング戦略
開業に必要な知識やノウハウをレクチャーいたします。

●法人設立のフォロー
新規事業として法人を設立する場合や、不動産業を開業するために必要な手続きをフォローします。


開業後

●エージェントとのビジネスマッチング
エージェントの採用・教育に関するバックアップも充実。
ビジネスマッチング会も開催!

●トレーニングアドバイザーによる指導
経験豊富なトレーニングアドバイザーが週に1回以上訪問。
電話やメールでの相談も随時可能です。

●オフィスオーナー研修
3日間のオーナー研修を受講していただきます。
基礎的な知識から、システムの登録・活用方法までをレクチャーいたします。

 企業プロフィール

株式会社I2M


事業内容

不動産フランチャイズ事業の運営・コンサルタント業

本社・支社・事業所

本社/大阪市北区西天満3-14-6 センチュリー西天満ビル11F

代表者氏名

代表取締役会長 本岡 一也

従業員数

6名

資本金・総資産

900万円

設立

2014年8月

新しい時代を築く、オフィスオーナーとしての働き方!

現在、日本の不動産業界では、空き家対策や中古物件のリノベーション案件など、ビジネスチャンスが広がっています。
しかし、その状況の裏側では、大手不動産会社を中心とする古い商慣習が残り、企業単位での取引や営業マンの働き方などに制限が強いられているのです。

そこで注目されているのが「エージェント制」です。
そして、この制度を導入して不動産オフィスのオーナーとなる働き方にも注目が集まっています。

PAGE TOP