1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. その他各種サービス
  3. 宅配・運送業・軽貨物
  4. 株式会社大翔商配/【特別枠で限定募集】ドライバーを検討する全ての方に知って欲しい!『定着率90%~』ゆうパックの軽貨物配送の先輩体験談
株式会社大翔商配

【特別枠で限定募集】ドライバーを検討する全ての方に知って欲しい!『定着率90%~』ゆうパックの軽貨物配送

契約形態 業務委託・フリーランス
業種 その他各種サービス | 宅配・運送業・軽貨物

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

会ったことがなかった社長を信じ、青森から首都圏へ

■日村さん(37歳)/2020年4月開業

2020年の春まで地元の青森県に暮らし、病院勤務の介護職員として働いていた日村さん。「独立して自分自身で責任ある仕事をしたい」との思いから、一念発起して首都圏での開業を決めました。
驚かされるのはそのプロセス。大翔商配の社長とは一度も会ったことがないまま、電話のやり取りだけで引っ越しを決意したと話します。日村さんの大きな決断の背景にあったものとは?

当時の年齢

30代後半

当時の自己資金

〜100万円

事業スタイル

無店舗での開業

キーワード

本部の手厚いサポート

熱中できる仕事

 このビジネスを選んだ理由

この人の元なら大丈夫と思い、カバン一つで青森を出た

20代の頃にトラックに乗っていたことがあるので、「独立するなら運送業」と決めていました。ネットで探せば、募集している会社はたくさん。その中でも本当に親身に話を聞いてくれたのが、大翔商配の小和田社長だったんです。電話で2時間近く、仕事や収入のことを質問した僕に、すべて丁寧に答えてくれました。すぐに暮らせる寮もあり、「会ったことがないけどこの人の元なら大丈夫だ」と確信して、カバン一つで青森を出ました。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

現場リーダーや社長に教わり「壁を超えた感覚」に

担当したのは結構広いエリアで、開業当初から1日120件くらいの荷物を任されました。慣れるまでは本当に大変で、荷物を積む朝の時点では「ちゃんと配送を終えられるだろうか…」と不安になるほど。だから、現場のリーダーにも小和田社長にも、「効率的な荷物の積み方は?」「早く配送するための工夫は?」などを教わり続けました。そうこうするうちに「壁を超えた感覚」が生まれ、120件をこなせるようになっていました。

 今のやりがい

「ゴールと報酬が見える」日々のやりがい

最初から荷物が多いということは、「どれくらい稼げるかが明確」ということでもあります。ゴールと報酬が見えているので日々のやりがいは大きいです。寮から現場が近いというメリットを活かして効率化を追求し、最近では誰の手も借りずに、1日に150〜160件の配送をこなせるようになりました。休むときはしっかり休み、メリハリをつけて自分の責任で稼げるようになったことで、新しい目標も生まれました。

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

「1日200件」を一つの目標に、成長していきたい

僕自身はまだ開業4カ月足らずで、上には上がいます。知り合いのドライバーさんの中には1日200件以上を配送するツワモノも。僕もこの「200件」を一つの目標に、数を追いかけ続けたいと思っています。今でも予想外の荷物量がある朝は不安になりますが、この4カ月の経験で「やればできる」と学びました。これからも勉強を続け、いろいろな知識を吸収しながら、ドライバーとして成長していきたいですね。

株式会社大翔商配

【特別枠で限定募集】ドライバーを検討する全ての方に知って欲しい!『定着率90%~』ゆうパックの軽貨物配送

PAGE TOP