1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 福祉・介護・デイサービス・訪問介護
  3. デイサービス
  4. こぱんはうす さくら/オークニ商事株式会社/【加盟金0円】子どもたちの成長を支える「児童発達支援」と「放課後等デイサービス」併設施設のオーナーの先輩体験談
こぱんはうす さくら/オークニ商事株式会社

【加盟金0円】子どもたちの成長を支える「児童発達支援」と「放課後等デイサービス」併設施設のオーナー

契約形態 フランチャイズ
業種 福祉・介護・デイサービス・訪問介護 | デイサービス

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

1年で3出店。想像以上に必要とされている事業でした。

■こぱんはうすさくら 白旗教室/奥津さん(56歳)

複数の企業でマネージャーや取締役を歴任した奥津さん。50代を迎え、「雇われ役員としてではなく、自分の力で経営を」と考え、2016年2月に起業しました。ともに歩むのは、大手介護会社で働いていた経験を持つ奥さま。今では息子さんや娘さんも、こぱんはうすさくらの経営に参加しています。奥津さんはなぜ、この事業を選んだのか。現在の思いとともに伺いました。

当時の年齢

50代

当時の自己資金

501〜1000万円

事業スタイル

会社経営

キーワード

50代・60代での決断

社会貢献できる

 このビジネスを選んだ理由

信頼する尾張社長の思いに応えたかった

もともと当社は、オークニ商事が展開する介護事業FCの第1号店でした。尾張社長から児童発達支援・放課後等デイサービスの事業を始めると聞き、「ぜひ奥津さんにやってほしい」と言われ、それまでの社長や本部との連携で介護事業が成功していたこともあり、ぜひ思いに応えたいと感じました。
実際に開業してみると、ニーズは想像以上。オープン2カ月で稼働率が70%を超え、半年後には2号店を出すことになりました。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

子どもの成長を切に願う親の気持ちに触れる

開業1ヶ月前に見学会を開催したときは、予約制にしていなかったこともあって、想定を大きく超える数の方がお越しになりました。発達障がいの子を持つ保護者の方々にどう寄り添っていくか。当然ですが、生半可な気持ちや誠意のない態度で務まる仕事ではありません。
実際にお子さんをお預かりするようになり、心を込めてほめる・叱るといったコミュニケーションを通して、自分の子ども同然に接しています。

 今のやりがい

連絡ノートにびっしりと書き込まれるメッセージ

毎日保護者の方と交換する「連絡ノート」には、「今日はうちでもお箸が持てるようになりました!」「こんな話をしてくれました!」といったメッセージが毎日びっしり。放課後等デイサービスでは18歳までずっと成長を見守っていられるので、これからも保護者の方と同じように喜びを感じながら日々を過ごしていきたいですね。お子さんを安心して預けられる場所があることで、保護者の負担を大きく軽減することにも貢献できています。

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

3号店が決定! さらなる事業拡大も視野に

ニーズと将来性がある事業で、本部とのコミュニケーションも取りやすいので、しっかりと拡大していきたいと思っています。2017年2月には、藤沢市内に3号店をオープンすることが決まりました。周辺自治体での出店のお話もいただいている状況です。現在は、私の息子や娘もこの事業を手伝ってくれるようになりました。若い人材の育成にも力を入れて、少しでも多くの子どもたちを受け入れられるよう、成長していきたいですね。

こぱんはうす さくら/オークニ商事株式会社

【加盟金0円】子どもたちの成長を支える「児童発達支援」と「放課後等デイサービス」併設施設のオーナー

PAGE TOP