1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. その他各種サービス
  3. その他
  4. Match助成金/株式会社アドバンス/《TVCM放映中!コンサルタント募集》/1人で月収200万円を目指せる!(1人/福岡)コロナウイルス助成金も対応中!「Match」助成金コンサルタントの独立開業情報
Match助成金/株式会社アドバンス/《TVCM放映中!コンサルタント募集》

1人で月収200万円を目指せる!(1人/福岡)コロナウイルス助成金も対応中!「Match」助成金コンサルタント

業種 その他
契約形態 代理店

ビジネスの特徴

助成金特化型グループ企業・アドバンスグループの募集

アドバンスグループ「Match」は顧客にマッチした助成金をご案内します。
助成金は誰かが教えてくれるものではない為、多くの企業が助成金について「良くわからない」状況。

あなたがするのは
◎厚生労働省の管轄で返済不要・使い方自由
◎雇用保険に加入していると年間で数百万円を受給できる可能性も
といった助成金の情報を企業へ教えること。
「売り込む」のではなく「お金を受け取る話をご案内」していただきます。

「match」をプラス商材として提案してみませんか?
助成金の種類を知るには、まずはダウンロード資料で!

月収200万円以上も目指せる!(1人で稼働/福岡)

助成金は無くならず、定年も考えず扱えます。
収入UPを考えるなら、「Match」の助成金コンサルタントはいかがでしょうか?

◎従業員の働く環境を整備すると受給⇒契約率が高い!
◎お一人稼働OK⇒自由に活動OK。副業にも!
◎サポート担当があなたの独り立ちを支援
◎研修で提案方法は定着
◎地域企業に喜ばれ、新しい雇用も後押し。社会貢献にも!

あなたに代わってグループ会社の社労士事務所が申請代行します。
★コミッションが高い方には地域の問い合わせ客のご紹介も。
今後のご希望を説明会でお聞かせください。

開業支援の詳細

業界No.1の確かなノウハウとサポート体制があります。

×
契約形態とは
マイナビ独立では、以下5つの契約形態別で独立開業情報をご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
企業が培ってきた運営ノウハウやブランド力(商品の魅力)を活用し、自分自身が経営者(オーナー)となる代わりに、加盟金・ロイヤリティ(売上の一部)を企業に支払う経営方法です。
■代理店
売主/メーカーの商品・サービスを代理で販売する契約です。売価から卸値を引いた金額が報酬となります。低リスクですぐに販売できることが魅力です。
■商材、起業・事業企業支援
企業から商材やブランドの提供を受けて事業を行う契約形態、及び、独立・開業前後の支援に特化したサービス全般を含みます。
■業務委託・フリーランス
委託元の企業から業務を請け負う働き方です。自分の得意分野を仕事にでき、時間に縛られることなく働くことができます。
■独立候補社員(正・契)
正社員または契約社員として働き、その後、社内の独立支援制度等を活用し「フランチャイズ」や「のれん分け」等で独立する開業方法です。稼ぎながら独立・開業を目指すことができます。
契約形態

代理店

契約期間

6ヶ月間以上

サポート内容
開業前

■研修
「助成金とは」「どんな制度があるのか」といった基本知識から提案方法、ノウハウや法律について学んで頂きます。
さらに、年間700社以上の受注実績をもとに効率的な営業手法やマーケティング等もお教えしています。

■選べる働き方
・気軽に副業したい方は「ライトプラン」
・本業+αで収入を増やしたい方は「コーディネーター」
・本業としての「コンサルタント」
・社労士や営業経験のある方は「独立プラン」


開業後

■専門業務は当社が対応
助成金活用をご提案いただいた後の専門業務は、当社スタッフやグループの社会保険労務士が担当。
書類等の手間は不要です。あなたは稼ぐことに注力できます。
名刺や資料など弊社が用意!すぐに稼働開始できます。

■ご提案サポート
お客様先への同行や、日頃の電話サポートなども行っています。
わからないことがあればいつでもご相談ください。
※プラン別のサポート内容はダウンロード資料で!

 企業プロフィール

株式会社アドバンス


事業内容

・広告、宣伝に関する企画、制作及び広告代理業
・人材育成、企業コンサルティング、教育、研修業務
・写真及び営業の撮影並びにそれに関する企画

本社・支社・事業所

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-2 ビュレックス麹町9F

代表者氏名

飯島典彥

従業員数

16名

資本金・総資産

資本金 1,000万円

設立

平成29年9月7日

まだまだ活用が進まない助成金の可能性とは

国内には420万社を超える企業が存在しますが、助成金を活用しているのはごくわずか。
制度自体の知名度が低いことや、助成金に精通した社会保険労務士が少ないことなどが背景にあります。
国や自治体が設ける助成金は、正しい方法で成長したいと考える企業や事業主に公平に与えられた機会。
その活用を支援することは、日本経済の成長に寄与することでもあります。
だから私たちは、新たなパートナーを積極的に求めています。

PAGE TOP