1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 塾・スクール
  3. 学習塾・家庭教室・個別指導塾
  4. 学びの森 J-STUDIO/ステラ株式会社/潰れかけの個人塾が次々復活!日本経済新聞も取り上げる「常識外れの運営ノウハウ」が魅力の塾オーナー!の独立開業情報
学びの森 J-STUDIO/ステラ株式会社

潰れかけの個人塾が次々復活!日本経済新聞も取り上げる「常識外れの運営ノウハウ」が魅力の塾オーナー!

業種 学習塾・家庭教室・個別指導塾
契約形態 フランチャイズ

ビジネスの特徴

《体験談公開中》「真逆の運営」で前年比584%増達成

現在、「学びの森 J-STUDIO」を複数校束ねる敏腕統括部長。学びの森に出会う以前は、個人で塾を経営していました。

しかし、大手学習塾やFCチェーンが周辺地域に参入し、生徒が大幅減。「もう廃業しよう」と諦めかけたとき、学びの森に出会いました。

そして、たった1年で
・生徒数23人→79人(343%増)
・夏期講習売上65万7780円→384万4650円(584%増)
を達成し、逆に大手を脅かす存在になったのです。

学びの森が指導したのは、大手個別指導塾とは「真逆の運営」。この急回復ストーリーは、「先輩の体験談」で公開中です!

子どもに迎合しない、"意地悪な"塾だから長続きします

業界平均を大きく上回る(自社調べ)当社独自の集客ノウハウに加え、「個別なのに」5教科指導、「個別なのに」予習をさせる、「個別なのに」1対4で面倒を見過ぎない。そんな、ちょっと"意地悪な"指導方針が子どもたちの意識を変え、保護者に支持されているのです。

「学びの森 J-STUDIO」は、塾業界の常識とは真逆のことをやり続ける、ちょっと変わった学習塾。このやり方が今、成功への自信につながっています。教育への情熱があるなら、ぜひ一度私たちの話を聞いてください。

開業支援の詳細

業界平均の「10倍」(自社調べ)。驚異的なレスポンス率を誇る集客ノウハウを伝授します。

×
契約形態とは
マイナビ独立では、以下5つの契約形態別で独立開業情報をご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
企業が培ってきた運営ノウハウやブランド力(商品の魅力)を活用し、自分自身が経営者(オーナー)となる代わりに、加盟金・ロイヤリティ(売上の一部)を企業に支払う経営方法です。
■代理店
売主/メーカーの商品・サービスを代理で販売する契約です。売価から卸値を引いた金額が報酬となります。低リスクですぐに販売できることが魅力です。
■商材、起業・事業企業支援
企業から商材やブランドの提供を受けて事業を行う契約形態、及び、独立・開業前後の支援に特化したサービス全般を含みます。
■業務委託・フリーランス
委託元の企業から業務を請け負う働き方です。自分の得意分野を仕事にでき、時間に縛られることなく働くことができます。
■独立候補社員(正・契)
正社員または契約社員として働き、その後、社内の独立支援制度等を活用し「フランチャイズ」や「のれん分け」等で独立する開業方法です。稼ぎながら独立・開業を目指すことができます。
契約形態

フランチャイズ

契約期間

3年 ※更新料なし

サポート内容
開業前

■初期研修
運営管理(集客や顧客満足度アップなど)、教務管理(学習指導法や授業の進め方など)、総務管理(人事や経理など)の3分野で、座学とロールプレイングの研修を行います。

■コミュニケーションマスター研修
独自のプログラムを学び、勉強だけでなく子育ての悩み全般に対応するスキルを身につけることができます。


開業後

■強力な集客ノウハウ、ツールの支援
競合ではやらないような「あっと驚く」集客ノウハウを伝授。
例えばチラシによる集客は、業界平均の10倍近いレスポンス率を誇ります。(自社調べ)

■スーパーバイザーによるフォロー
1週間に1回の週報によるアドバイスや、定期的な訪問フォローを実施します。

■業界の権威による継続研修
塾業界の権威である外部パートナーの協力を得て、さまざまな研修プログラムを実施しています。

 企業プロフィール

ステラ株式会社


事業内容

◆カーブス事業部
◆フードサービス事業部
◆学びの森事業部

本社・支社・事業所

■本社
〒700-0927 岡山県岡山市北区西古松237番地126

代表者氏名

代表取締役/橋野健一

資本金・総資産

900万円

設立

2008年4月1日

アドラー心理学のメソッドを生かして

当社では、話題となったアドラーの本が流行るずっと前から、アドラー心理学を取り入れてコミュニケーションスキルを磨いてきました。「ほめるな」「叱るな」「教えるな」というアドラー流教育術は、子どもたちの自立を促し、保護者の子育ての悩みを解決することにもつながっています。

ただ単に成績向上を目指すだけでなく、親と子どもの「心の居場所」を増やしていく。それも当社の大きな目標です。

PAGE TOP