1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 塾・スクール
  3. 幼児教育・その他各種スクール
  4. LIPA/一般社団法人地域IT促進協会/【副業・週1稼働が可能】高齢者向け教室は成長市場!資格不要・物件取得費無料のタブレット端末の教室運営の先輩体験談

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

「新しいコミュニティ」を地域に創出する喜び

野竹雅彦さん(57)

前職ではSEとして金融機関のシステム開発などに従事。長く地元の北海道で働いていましたが、会社都合で川崎へ転勤することとなり、「ゆくゆくは自分の意志で地元へ戻れる仕事がしたい」と独立を考えるようになりました。マイナビ独立で地域IT促進協会と出会い、タブレット教室の開業を決意。加盟から5カ月が経ち、順調に集客を続けている野竹さんに、今のやりがいとこれからの展望を聞きました。

当時の年齢

50代

当時の自己資金

〜100万円

事業スタイル

無店舗での開業

キーワード

50代・60代での決断

副業としてスタート

 このビジネスを選んだ理由

場所を選ばないから、地元でも続けられる

SEとして独立する道もありましたが、体力的な不安もあるし、「余暇の時間を充実させたい」という思いもありました。そこで当初はパソコン教室を検討したのですが、地域IT推進協会のタブレット教室は店舗を持たずにやれるということで、一気に興味を惹かれていったんです。開業費用が安いことはもちろん、シニア向けビジネスだから将来性もあるし、場所を選ばないので先々は地元の北海道でも続けられることが魅力でした。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

集客が順調だからこそ感じる「安定運営」への課題

タブレットの使い方を教えることには不安はありませんでした。集客も順調。先日の無料説明会には10人の方が参加し、うち8人がその場で入会を決めてくださりましたよ。これから苦労しそうだと感じているのはむしろ、「教室を安定的に回していけるか」という点です。生徒さんが順調に増えていく中で、会場を漏れなく手配してレッスンを続けられるか。マンパワー不足に陥る可能性もあります。このあたりは今後の課題ですね。

 今のやりがい

コミュニティが生まれる。これが事業の本当の価値かも

この教室は、ただタブレットの使い方を学べるだけではありません。地域の高齢者の方々が集まることで、新しいコミュニティが生まれていくんです。つながりが広がっていくことこそ、本当の価値なのかもしれませんね。コミュニティができることで生徒さんは長く通ってくれるようになるし、口コミでの集客増も期待できます。何よりもこうして「集まりたい場所」を地域に創出できていることがうれしいです。

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

やがては「経営」の視点に移っていく必要がある

生徒さんが増えていけば、開講する教室数も増えていきます。そのうち私だけでは対応しきれなくなると思うので、教室を任せられる人を見つけていきたいと思っています。運営が私だけの小さな事業で満足するのではなく、やがては「経営」の視点に移っていく必要があるのでしょう。どこまでこの事業を大きくしていけるか、まだ具体的に描けているわけではありませんが、少しずつ輪を広げていきたいと考えているところです。

LIPA/一般社団法人地域IT促進協会

【副業・週1稼働が可能】高齢者向け教室は成長市場!資格不要・物件取得費無料のタブレット端末の教室運営

PAGE TOP