1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. IT・通信・情報・携帯電話
  3. インターネットサービス
  4. tradecarview/【東証1部上場】株式会社トレードカービュー(じげんグループ) /★副業・低資金開業★手元にあるスマホ・PCで始めるインターネットビジネス/1日1時間で平均月収超えも!の独立開業情報
tradecarview/【東証1部上場】株式会社トレードカービュー(じげんグループ) 

★副業・低資金開業★手元にあるスマホ・PCで始めるインターネットビジネス/1日1時間で平均月収超えも!

業種 インターネットサービス
契約形態 商材、起業・事業支援

ビジネスの特徴

特別なスキル不要/どなたでも副業として始められます

トレードカービューは世界200カ国以上、100万人以上のバイヤーと商談できる中古車輸出サイトです。
中古車輸出と聞くと難しく感じるかもしれませんが、あなたの仕事は当サイトに「販売したい中古車をアップロードする」こと。
貿易や自動車の知識は必要なく、英会話が出来なくても仕事が成立するシステムが整っています。

★無店舗の強み★
PCかスマホがあればどこでも仕事ができますので、固定費がなく利益率が高いビジネスです。

★副業として★
仕事の通勤時間や、休日の1.2時間程度の暇があれば月収40万円も可能です。

意外な「日本との親和性」が売れるヒミツです!

例として、南アフリカは日本車との交通ルールにおいて親和性が高いのが特徴です。
「海外の自動車」を連想したとき、「左ハンドル/右側通行」が世界標準に感じますが、南アフリカは「右ハンドル/左側通行」で日本と同じという点が売れる理由です。

日本には「車検制度」があります。
当たり前に感じる車検ですが、世界で見るとごく一部の国しか無い制度なんです。
「車検通過している=品質が良い」という事で売れています。

無料セミナーでは低資金で高収益の秘訣をお伝えしておりますので、「説明会日程」からご予約ください!

開業支援の詳細

≪ロイヤリティや登録料も不要≫開業後は年間12万円のサイト利用料だけで様々なサポートが受けられます!

×
契約形態とは
マイナビ独立では、以下5つの契約形態別で独立開業情報をご紹介しています。
■フランチャイズ(FC)
企業が培ってきた運営ノウハウやブランド力(商品の魅力)を活用し、自分自身が経営者(オーナー)となる代わりに、加盟金・ロイヤリティ(売上の一部)を企業に支払う経営方法です。
■代理店
売主/メーカーの商品・サービスを代理で販売する契約です。売価から卸値を引いた金額が報酬となります。低リスクですぐに販売できることが魅力です。
■商材、起業・事業企業支援
企業から商材やブランドの提供を受けて事業を行う契約形態、及び、独立・開業前後の支援に特化したサービス全般を含みます。
■業務委託・フリーランス
委託元の企業から業務を請け負う働き方です。自分の得意分野を仕事にでき、時間に縛られることなく働くことができます。
■独立候補社員(正・契)
正社員または契約社員として働き、その後、社内の独立支援制度等を活用し「フランチャイズ」や「のれん分け」等で独立する開業方法です。稼ぎながら独立・開業を目指すことができます。
契約形態

商材、起業・事業支援

契約期間

1年間 ※更新料なし

サポート内容
開業前

≪4日間の仕入れ&貿易研修≫
査定士による中古車の査定方法や仕入れ方法、貿易実務を学ぶ研修を用意しているので、車や貿易の知識がない方でも安心です。

その他、メールでやりとりする際のひな形や、ネットオークション会場の使い方、tradecarviewニュースの無料配信なども用意。
窓口としてトレードカービューが輸出関連業者を紹介(乙仲、船会社、保険会社、陸送会社等)するサポートもあります。


開業後

≪専用ヘルプデスクがしっかりサポート≫
本社で行う定期的な勉強会や最新情報をお届けするメールマガジンに加え、専用ヘルプデスクもご用意。
電話にて、掲載車両/価格についてのアドバイス、売り上げアップのコツ、トラブルシューティングなど総合的なフォローアップを行っています。

その他、海外バイヤーとの交渉まで代行するシステムや、複雑な輸出手続きも当社が窓口としてサポートする制度もあります。

 企業プロフィール

株式会社トレードカービュー【東証1部上場】


事業内容

自動車およびカーライフに関するイーコマース事業、インターネットメディア事業、ならびにそれらに付随するサービスの提供

本社・支社・事業所

■本社
東京都港区虎ノ門3-4-8

代表者氏名

取締役社長/須崎和延

従業員数

じげんグループ全体/463名(2018年3月末時点)

資本金・総資産

28百万円

設立

2018年12月4日

日本と世界を結ぶクルマのポータルサイト

≪日本車はどこで人気?≫
ロシアやアジア諸国を中心に、アフリカからの注目度も高まる日本車。
特に、右ハンドルの国も多い東アフリカ地域は、大きな可能性を秘めた成長株であり、トレードカービューは同地域での積極的なビジネスの拡大を目指しています。
今後さらに、事業者様とバイヤー双方が求める情報やサービスを充実させ、各地域における認知度アップと収益拡大を進めていきます。

PAGE TOP