1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 飲食・飲食店
  3. カフェ・喫茶店・レストラン・定食屋
  4. やよい軒/株式会社プレナス 【東証一部上場】/実績ある直営優良店を引き継ぎ、やよい軒のブランドとノウハウを手に入れる「ユニットFC制度」の先輩体験談

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

震災で知った、「定食」の大切さと力強さ

大手ファストフードチェーンで20年以上にわたり、店長やSV、FC店支援などを務めた荒木さん。やよい軒オーナーになって3年目。既に3店舗を経営していらっしゃいます。新たな活躍の場としてここを選んだのは、定食に可能性を感じ、そこで働く人々の魅力を知ったからなのだとか。「プレナスという会社には、古き良き”人のあたたかさ”が残っているんですよね」。開業2年目に遭遇した熊本地震の際にも、それを強く感じたといいます。

当時の年齢

40代後半

当時の自己資金

501〜1000万円

事業スタイル

店舗経営

キーワード

低資金で開業

本部の手厚いサポート

 このビジネスを選んだ理由

店舗運営で特に大切な「人」に力を入れている

前職の経験から、個人で一から独立を目指すことの難しさを知っていました。だから「ちゃんとしたレストランを1000万円以下の投資で持てる」というやよい軒のユニットFC制度に魅力を感じたんです。多彩な定食メニューで勝負できることも強みだし、実際に店舗を見て、経営において特に大切な「人」の育成にも力を入れていることが分かりました。最後の決め手は本部です。「絶対に失敗させない」という思いが伝わってきました。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

「地域の方々のために」と駆けつけた本部スタッフ

開業2年目の2016年に熊本地震が発生。当初はクルーの出勤もままならず、「どうやって営業を再開しようか…」と頭を悩ませていました。そのときに本部から大勢の人が応援に来てくれて、「地域の方々のために店を開けましょう」と全力で助けてくれたんです。お客さまには「あたたかいご飯が食べられる」と喜んでもらえました。大変なときだったけれど、店舗のみんなと一緒に「定食の大切さ」を改めて実感しましたね。

 今のやりがい

働きやすさに配慮して、月商200万円アップを実現

前職時代から、店舗運営は「人」で決まると信じています。開業時にはすでにお客さまが付いている既存店を任せていただきましたが、クルーがさらに活躍できるよう、勤務時間を見直したり、シフト作りに工夫を重ねたりといった取り組みを進めてきました。その結果、1号店は2年で月商が200万円アップしたんです。人を大切にすることが商売繁盛につながる。それを実感できるのもまた、やよい軒を経営する魅力だと思います。

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

10年で10店舗、年商10億円!

これを九州エリアで実現することが、開業当時からの目標です。「いつチャンスが来ても対応できるように準備しておこう」と思って経営してきましたし、実際に本部が応えてくれて、より伸ばせる可能性のある店舗を任せてもらっています。今年度の新たな挑戦となる3店舗目もしっかり軌道に乗せ、目標達成に向けて着実に歩んでいきたいですね。その先もさらに上を目指して、現状に満足することなく成長し続けたいと思っています。

 その他の先輩体験談

他の先輩の体験談をご覧になりたい方は、こちらからお選びください。

やよい軒/株式会社プレナス 【東証一部上場】

実績ある直営優良店を引き継ぎ、やよい軒のブランドとノウハウを手に入れる「ユニットFC制度」

PAGE TOP