1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. コンビニ・小売
  3. コンビニエンスストア
  4. セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2019年2月期自社調べ》 /【フランチャイズ&コンビニが分かる説明会開催中】やっぱり強い業界No.1「セブン‐イレブン」のオーナーの先輩体験談
セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2019年2月期自社調べ》

【フランチャイズ&コンビニが分かる説明会開催中】やっぱり強い業界No.1「セブン‐イレブン」のオーナー

業種 コンビニエンスストア
契約形態 フランチャイズ

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

本部、スタッフ、家族…「人」が私たちの宝物

◇◆オーナー歴5年目 印西大塚店 渡邊 正美さん(写真左から2番目)◆◇

30年以上にわたり住宅関連企業に勤め、小売業の経験はゼロでしたが、55歳で一大決心し、セブン‐イレブンのオーナーに転身。会社に残ればそれなりの地位と安定した老後が手に入る、だけど……。家族のため、そして自分のために悩み、葛藤した先に選んだ「独立」の物語を伺います。

当時の年齢

50代

事業スタイル

店舗経営

キーワード

夫婦で独立

50代・60代での決断

 このビジネスを選んだ理由

家族会議で伝えた本気の思い

60歳の定年まであと5年。このまま行けば安定の老後が待っているし、仕事に不満はなかったけど「一から自分の人生を築いた」という実感はなかったんです。そこに、当時コンビニで働いていた妻とともに独立したいという思いが重なりました。セブン‐イレブンを選んだのは、僕も妻も商品が大好きで、「これなら売れる」と思えたから。当初、妻は「大変な仕事だから」と反対していましたが、家族会議を開いて本気の思いを伝えました。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

「セブンカフェ」にすべてを懸けた

今でこそ店舗周辺には住宅やマンションが増えましたが、オープンした頃は開発途上で更地ばかり。なかなかお客さまが増えなくて苦戦しました。
変化のきっかけは、本部担当者が当時新しく発売した「セブンカフェ」を毎朝店舗へ来てエプロンを付け、試飲の勧め方を教えてくれたこと。本部の方と一緒にお勧めすることで、いつしか「コーヒーには絶対の自信がある」と思えるようになり、徐々に店舗全体の売上も高くなっていきました。

 今のやりがい

全員の思いが結果になってあらわれた

オープンからいるスタッフたちは、苦しい時期も「絶対に大丈夫!」と励ましてくれました。うちの宝は紛れもなく「人」。一人ひとりの得意な仕事を生かせる環境づくりを心がけていたからか、みんな長く勤続してくれて、今では家族ぐるみで働いてくれる人もいます。
おかげで2016年には、地区のナンバーワン店舗として表彰されました。そのときにみんなで撮った記念写真やお祝いの色紙は、今でも僕たちの宝物です。

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

どんな環境でも、熱意があれば本部が支えてくれる

現在は26人のスタッフに恵まれ、おかげさまで僕も妻も無理なく働いています。夢は5店舗を経営すること。そのうち2店舗をうちから育った人に任せていきたい……。そんな青写真を描いているんです。

正直、受身でいる人にこの仕事は難しいと思います。ただ、自分で売上を作り、伸ばしていくんだという気持ちがあれば、開業場所は関係ありません。どんな状況でも努力すれば、本部が必ず応援してくれますから。

 その他の先輩体験談

他の先輩の体験談をご覧になりたい方は、こちらからお選びください。

セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2019年2月期自社調べ》

【フランチャイズ&コンビニが分かる説明会開催中】やっぱり強い業界No.1「セブン‐イレブン」のオーナー

PAGE TOP