1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. コンビニ・小売
  3. コンビニエンスストア
  4. セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2019年2月期自社調べ》 /【フランチャイズ&コンビニが分かる説明会開催中】やっぱり強い業界No.1「セブン‐イレブン」のオーナーの先輩体験談
セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2019年2月期自社調べ》

【フランチャイズ&コンビニが分かる説明会開催中】やっぱり強い業界No.1「セブン‐イレブン」のオーナー

業種 コンビニエンスストア
契約形態 フランチャイズ

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

3店舗経営しながら、趣味を楽しむ余裕のある暮らし

◇◆オーナー暦15年目 行田小見店 木村 泰男さん◆◇
独立前は、別のコンビニチェーンでスーパーバイザーをしていた木村さん。さまざまなオーナーさんを指導しているうちに「自分でやろう」という思いが生まれ、独立を決意。「コンビニを経営するなら業界トップの会社で」と、迷うことなく29歳でセブン-イレブンのオーナーになりました。今では3店舗のオーナーになった木村さんに、さまざまなエピソードを伺いました。

当時の年齢

20代後半

事業スタイル

店舗経営

キーワード

夫婦で独立

女性の視点を活かす

 このビジネスを選んだ理由

業界トップのセブン-イレブン以外、選択肢はなかった

別のコンビニチェーンでSVをしていたときに、「自分でやったほうがうまくいくんじゃないか?」と思ったことがきっかけで、コンビニオーナーになることを決意しました。当時から、セブン-イレブンの商品力や販促力は業界内でも圧倒的でした。SVとしてオーナーさんを指導するときも、「セブン-イレブンのマネをしましょう」と言っていたほどです。 コンビニを経営するならセブン-イレブン以外の選択肢は考えられなかったですね。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

開業前、シミュレーションで得た「稼げる」という確信

独立する際、「わからないことは何もないようにしよう」と考え、さまざまなシミュレーションをしました。ロイヤリティが何%で、平均日販がいくらで、光熱費の補助があるから…と計算し、「収入はこれくらいになる」という確信を持って開業しました。だから、予想外の出来事や苦労はほとんどなかったですね。開業してから15年間、このスタンスはずっと変わりません。その甲斐あって、だいたいのことは予想通りに進んでいます!

 今のやりがい

年に数回、4〜5日間の連休を取って地方の釣り場へ

今まで「独立しなければ良かった」と思ったことは1回もありません。現在、私は3店舗を経営していますが、スタッフとしてシフトに入るのは週25時間程度です。それ以外は経営のことを考える余裕がありますし、休みもキッチリ取っています。基本土日が休みですが、釣りのシーズンだけ4〜5日間の連休をもらっています。自由に使える時間が多いことは、この仕事の良いところですね。もちろん、妻から許可をもらう必要はありますが(笑)

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

今いる社員スタッフに店舗経営を任せる道筋をつくる

29歳で開業し、5年おきのペースで店舗を増やしてきました。店舗が増えることは経営者として大きな喜びですし、次へと進むモチベーションになります。そろそろ縁があればもう1店舗と考えていますが、まずは人材育成などの地盤固めが大切だと思っています。将来的には今働いてくれている社員たちに、オーナー的な立場で店舗を任せたいですね。私が引退してもスムーズに引き継げるように道筋をつくっておきたいと考えています。

 その他の先輩体験談

他の先輩の体験談をご覧になりたい方は、こちらからお選びください。

セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2019年2月期自社調べ》

【フランチャイズ&コンビニが分かる説明会開催中】やっぱり強い業界No.1「セブン‐イレブン」のオーナー

PAGE TOP