1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. コンビニ・小売
  3. コンビニエンスストア
  4. セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2019年2月期自社調べ》 /【フランチャイズ&コンビニが分かる説明会開催中】やっぱり強い業界No.1「セブン‐イレブン」のオーナーの先輩体験談
セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2019年2月期自社調べ》

【フランチャイズ&コンビニが分かる説明会開催中】やっぱり強い業界No.1「セブン‐イレブン」のオーナー

業種 コンビニエンスストア
契約形態 フランチャイズ

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

初めての接客業で、新しい自分を発見

◇◆オーナー暦4年目 名古屋泉1丁目店 白石 明広さん◆◇
前職の警備業のかたわら「生活費の足しに」と気軽な気持ちで始めたセブン-イレブンでのアルバイト。接客は未経験でしたが、やってみると想像以上に楽しく面白い。結果警備の仕事を減らし、アルバイトの時間がどんどん増えていくようになったそうです。寒暖差のある外での警備の仕事よりも、家族も安心してくれ、8年間のアルバイトの後、晴れてオーナーになりました。

当時の年齢

40代後半

事業スタイル

店舗経営

キーワード

家族の応援

お客様と近い距離で働く

 このビジネスを選んだ理由

アルバイトを始めてすぐ、オーナーになることを意識

副業として始めたアルバイトで、接客もレジ打ちも初めて経験しました。しかし、それが想像していた以上に楽しかった!お客様とも顔見知りになると、「いらっしゃいませ」が「お帰りなさい」になり、「ありがとうございました」が「いってらっしゃい」になった。これはもう、自分でお店をやるしかないなと確信しました(笑)。お客様から「ありがとう」と言われる仕事であることも、警備の仕事では考えられない喜びの一つでした。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

雇われる側から雇う側へ。従業員の身になって考える

「いざ独立」という時はさすがに不安もありましたが、アルバイト時代の経験や楽しさが不安を払拭してくれました。独立後、エリアが変わってお客様の層が異なっても、「お客様に積極的にお声掛けをしていく」という接客の基本は変わりません。ですが、オーナーになって変わったのは、自分が人を雇う側になったということ。自分がアルバイトで働いていた経験があるので、従業員の身になった指導や対応を実践しています。

 今のやりがい

「ただいま」とお客様から声をかけていただける喜び

仕事帰りなどに毎日ご来店いただくお客様からは、「ただいま」「オーナー腹減った、今日は何がお勧め?」など親しみをもって声を掛けていただくことも少なくありません。またクリスマスにはトナカイの着ぐるみで接客をしたり、近所のお子さんと写真を撮ったりなど、忙しいときほど楽しく仕事をすることを心がけています。自分が頑張った分がそのまま収入になるのも、やりがいの一つ。もうサラリーマンには戻れませんね(笑)。

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

絶対に裏切らない“家族という仲間”の存在は不可欠

開業から手伝ってくれた長男に加えて、今度は次男も一緒に働いてくれるようになり、次のお店をオープンする体制が整いつつあります。新たな仕組みやサービスにチャレンジしていくことが得意な店長(長男)と、お祭りのように、盛り上げながら販売するのが得意な私。役割分担が自然と出来ているのも、親子ならでは。次男という絶対的な信頼のおける新たなパートナーが加わることで、安心して複数店経営を目指していけそうです。

 その他の先輩体験談

他の先輩の体験談をご覧になりたい方は、こちらからお選びください。

セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2019年2月期自社調べ》

【フランチャイズ&コンビニが分かる説明会開催中】やっぱり強い業界No.1「セブン‐イレブン」のオーナー

PAGE TOP