1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. 飲食・飲食店
  3. 移動販売・宅配(デリバリー)・催事販売
  4. まごころ弁当/株式会社シルバーライフ【東証マザーズ上場】/【調理不要&盛り付けて配達するだけ!】【FCなのに0円開業!?】個人宅営業不要の『まごころ弁当』オーナーの先輩体験談
まごころ弁当/株式会社シルバーライフ【東証マザーズ上場】

【調理不要&盛り付けて配達するだけ!】【FCなのに0円開業!?】個人宅営業不要の『まごころ弁当』オーナー

業種 移動販売・宅配(デリバリー)・催事販売
契約形態 フランチャイズ

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

まごころ弁当との出会いで、FCのイメージが変わった

◆まごころ弁当 大阪中央店/大野オーナー(41歳)

知人に独立を促され、高齢者向け配食ビジネスを知った大野さん。少子高齢化が社会問題となっている今だこそビジネスチャンスだと考え、FC加盟を決めました。数ある配食業者の中からまごころ弁当を選んだのは、本部とオーナーがWin-Winの関係を築けるFCだと思ったから。2011年に加盟し、全国トップ(2018年8月時点)の売り上げを誇る店舗に成長するまでの道のりを伺いました。

当時の年齢

30代前半

当時の自己資金

1001万円以上

事業スタイル

会社経営

キーワード

社会貢献できる

複数店舗を持つ

 このビジネスを選んだ理由

自分の経営力次第で成長できるビジネスモデル

正直にお話しすると、元々FCにはいいイメージがありませんでした。本部の利益のために身を粉にして働くというか…。そこで当時、加盟店を募集していた配食ビジネスの3社を徹底的に比較しました。
中でもまごころ弁当は説明会で直接社長と話をし、本部とオーナー、双方がWin-Winの関係でビジネスを行えると感じました。ちゃんとやればちゃんと返ってくる、だから加盟を決めたんです。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

先行投資でとにかくエリアを拡大

苦労と言う苦労はなかったように思いますが、強いて言うなら、将来的に大きな利益を得るため、先行投資でエリアを拡大したことでしょうか。
売上げを上げるには利用者を確保しなくてはいけないので、エリアの拡大は必須です。その点でも、「まごころ弁当」は縛りなくエリアを拡大できたので、順調に広げることができました。
開業後、2ヶ月ほどは売上に不安もありましたが、それ以降業績は順調です。

 今のやりがい

地域にとってなくてはならない存在になる

利用者の方は年々増えており、私たちの仕事が地域にとってなくてはならない存在になりつつあることを実感します。社会の役に立つビジネスができるというのは、大きなやりがいですね。
立ち上げ当初は実質2名でのスタートでしたが、今では30名以上の従業員が働いてくれています。会社を運営できるのも彼らのおかげ。一人ひとりがもっと豊かな暮らしができるように、経営者として還元していくことも私のやりがいです。

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

月商1800万円を達成!目標は1日3000食

今は新規営業の必要がないほどに配食ビジネスの需要が高まっています。1年半前に「配食のふれ愛」のFCにも加盟し、右肩上がりを続ける売上は月1800万円を達成。来年中に「配食のふれ愛」を加盟店の中で全国No.1にするのが目標です。
さらに、10年から15年後には「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」を合わせて、1日3000食を販売したいと考えています。まだまだチャンスを掴める市場は広がっています!

 その他の先輩体験談

他の先輩の体験談をご覧になりたい方は、こちらからお選びください。

まごころ弁当/株式会社シルバーライフ【東証マザーズ上場】

【調理不要&盛り付けて配達するだけ!】【FCなのに0円開業!?】個人宅営業不要の『まごころ弁当』オーナー

PAGE TOP