1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. コンビニ・小売
  3. コンビニエンスストア
  4. ミニストップ/ミニストップ株式会社/コンビニも「個性派」が勝つ時代!独自路線で人気のコンボストア「ミニストップ」のオーナーの先輩体験談
ミニストップ/ミニストップ株式会社

コンビニも「個性派」が勝つ時代!独自路線で人気のコンボストア「ミニストップ」のオーナー

業種 コンビニエンスストア
契約形態 フランチャイズ

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

独立4年目、35歳。「新店」という新たな挑戦へ

◆宇都宮大学陽東キャンパス店 他1店舗運営/仙波オーナー(35歳)

書店員を経て、「インターン独立契約社員制度」によって2014年に開業した仙波さん。2017年12月に2店舗目となる「宇都宮大学陽東キャンパス店」をオープンさせました。異業種からの転身と独立を果たし、多店舗展開に向けて大きな一歩を踏み出した仙波さんに、「ミニストップオーナーの面白さ」をうかがいました。

当時の年齢

30代前半

当時の自己資金

〜100万円

事業スタイル

店舗経営

キーワード

自分の店を持つ

感動を広める

 このビジネスを選んだ理由

「どうせやるなら人とは違うことを」という思い

もともと一国一城の主になりたいという思いを強く持っていたのですが、個人で書店を開業するのは厳しいな…と感じ、さまざまな業界を検討することに。その中で、人々の生活を支え、地域に貢献できるコンビニに興味を持ったんです。
ミニストップは他にはないソフトクリームなど、独自のファストフード商品を持っている。「どうせやるなら人とは違うことをしたい」という思いもあって、インターン独立契約社員制度に応募しました。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

経験のないファストフード作りに苦戦

商品発注や接客などは経験があり、比較的すぐになじむことができましたが、ファストフード作りにはとても苦戦しました(笑)。トレーニングセンターで猛練習し、ソフトクリーム作りの試験をクリアできたときは本当にうれしかったですね。
店舗では「どれだけスタッフを巻き込んで仕事ができるか」を問われ、専属トレーナーやSAのアドバイスを受けながら、入社5カ月目でオーナーとなるための判定に合格できました。

 今のやりがい

「一国一城の主」として経営判断をしていくやりがい

新店は既存店と違い、売り上げや商品トレンドの実績がありません。ベテランスタッフがいるわけでもない。そうした中で経営者として意思決定し、自分の思い描く店舗作りを進めていくことに、責任とともに大きなやりがいを感じています。
すでにキャンパス内で店舗運営しているオーナーさんに相談したり、SAの助けを受けたりしながら、この新店がたくさんの人の役に立つよう経営を前に進めていく。まさに「一国一城の主」です。

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

新店の経験を生かし、さらなる多店舗展開へ

せっかく独立を果たしたので、これからはやはり、さらなる多店舗展開を目指していきたいと思っています。3店舗を経営できる規模になれば、法人化に踏み出して体制をより強化していきたいという展望もあります。
今回の新店での経験は、将来に必ず生きるはず。そうして事業を拡大しつつ、新たなインフラとして地元に貢献していきたいですね。宇都宮を中心に「ミニストップの価値」を広げていきます。

 その他の先輩体験談

他の先輩の体験談をご覧になりたい方は、こちらからお選びください。

ミニストップ/ミニストップ株式会社

コンビニも「個性派」が勝つ時代!独自路線で人気のコンボストア「ミニストップ」のオーナー

PAGE TOP