1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. コンビニ・小売
  3. コンビニエンスストア
  4. ローソンストア100/株式会社ローソンストア100/【コンビニと差別化】核家族・少子高齢化に対応できる将来性あるビジネス!独立候補社員【0円・1人開業】 の先輩体験談
ローソンストア100/株式会社ローソンストア100

【コンビニと差別化】核家族・少子高齢化に対応できる将来性あるビジネス!独立候補社員【0円・1人開業】

業種 コンビニエンスストア
契約形態 独立候補社員(正・契)

 先輩プロフィール

これまでの経歴やプロフィールをご紹介します。ご確認のうえ、ぜひ体験談をお読みください。

プロフィール画像

アルバイト、店長を経て、掴んだオーナーという夢

◆南水元四丁目店 オーナー/石橋勝一さん(写真中央)

前身の南水元店のアルバイトからスタートし、長く店長を務めていた石橋さん。高齢となった前オーナーから店舗を引き継ぐ形で独立開業を果たしました。その決断に迷いはなかったといいます。新規オープンに当たっては店舗を全面リニューアル。「ずっとオーナーになりたいと思っていた」という石橋さんにお話を伺いました。

当時の年齢

30代前半

当時の自己資金

〜100万円

事業スタイル

店舗経営

キーワード

お客様と近い距離で働く

繁盛店の経営

 このビジネスを選んだ理由

独自のポジションを確立しているビジネスモデル

元々同じ場所にあった「南水元店」でアルバイトを始め、1年後には店長に。周辺にはコンビニ各社、ドラッグストアもありますが、顧客を取り合うことなく経営は順調そのもの。売上げも安定していました。前オーナーからは「いずれはお店を譲りたい」と告げられていて、店長としての実績を積み重ねる中で、ローソンストア100という業態の強さを実感していたので、店舗を引き継いでの独立開業は、いわば自然な流れだったのです。

体験談画像

 独立・開業までの苦労話

体験談画像

インターンとして直営店を経験しノウハウを活用

以前の「南水元店」老朽化のため、店舗を全面改装したのちオープンすることに。改装工事中の約3か月間は、直営店でインターンとして研修生として学んだので、あらためて直営店のオペレーションを確認できました。直営店で学んだファストフードコーナーのオペレーションも導入した「南水元四丁目店」のオープン初日は、入店規制するほどの来店客で私もクルーも目が回るほどの忙しさ。うれしい悲鳴を上げたことをよく覚えています。

 今のやりがい

お客様の日常生活に欠かせないお店としての存在感

昔からの住民の方、最近増えてきた新築戸建てのご家族、大学キャンパス開設によって増えた学生など、客層は広がっています。ただやはり中心となるのは地元住民の方々。年配のお客さまも多く、ミニスーパーとして当店をご利用いただいています。旧店舗時代から青果物の品揃えには力を入れてきましたが、それに揚げ物が加わり、お客さまの食卓に身近な存在として、ご利用いただく頻度がさらに高まっているという手応えがあります。

体験談画像

 今後の目標

体験談画像

複数店舗のオーナーという目標を実現したい

大切にしているのは「この地域に合った売れる商品選び」に加え、「売れる頻度は少ないけれど必ず買ってくださるお客様がいる商品」も切らさないようにする事。きめ細かな品揃えを継続し、これからもお客様にホッとしていただける店舗であり続けたい。また近い将来、2店舗目も持ちたいですね。幸い、長く勤めてくれているクルーさんが多く、将来の店長候補も育っています。多店舗オーナーという夢をぜひ実現したいと思っています。

 その他の先輩体験談

他の先輩の体験談をご覧になりたい方は、こちらからお選びください。

ローソンストア100/株式会社ローソンストア100

【コンビニと差別化】核家族・少子高齢化に対応できる将来性あるビジネス!独立候補社員【0円・1人開業】

PAGE TOP