1. 独立・開業・FC情報TOP
  2. コンビニ・小売
  3. コンビニエンスストア
  4. セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2018年2月期自社調べ》 /【43年間連続で増店(自社調べ)を続ける事実と裏付けがここに】「セブン‐イレブン」のオーナー/女性活躍中の独立開業情報
セブン‐イレブン/株式会社セブン‐イレブン・ジャパン《業界No.1の平均日販 ※2018年2月期自社調べ》

【43年間連続で増店(自社調べ)を続ける事実と裏付けがここに】「セブン‐イレブン」のオーナー/女性活躍中

業種 コンビニエンスストア
契約形態 フランチャイズ

ビジネスの特徴

オーナーとして受けることができるサポートとは?

【セブン‐イレブンの充実した本部のサポート】
●店舗数No.1(※)ブランドとして展開する新商品・地域限定品の取扱い
●売上を天候や気温、昨年のデータなどによって分析できるシステム
●店舗経営相談員による長期的な経営アドバイス
●店舗運営にかかる光熱費や廃棄商品費用の支援(一部)
●売上額に関わらず一律で支給される固定金(地域別適用金)
●万が一、売上額が厳しい月があった場合の収入支援制度
●広告宣伝による集客
●開店における引越費用の支援(当社規定に基づく)

※2018年2月期自社調べ

誰もが知り、半分以上の人が"週2回"通うお店

セブン‐イレブンに行ったことがありますか?と聞かれて、おそらく「いいえ」と答える方はほとんどいないのではないでしょうか。来店客調査(自社調べ/2018年2月期)によると、59%の人が週2回以上来店。1日の平均日販(売上額)、平均客数、平均客単価、その全てにおいて他チェーンに圧倒的な差をつける、コンビニ業界のNo.1ブランド。それがみなさんの知る「セブン‐イレブン」です。

では、経営する側にとって、No.1にはどんなメリットがあるのか?
セブン‐イレブンにしかない経営の強みを、説明会では余すところなくお伝えします!

開業支援の詳細

オーナーに成功を掴んでもらうためには、店舗の基盤固めに必要なサポートを惜しみません。

契約形態

フランチャイズ

契約期間

15年

サポート内容
開業前

●体験入店を行います。
既存店に入店し、短期間で経営者として活躍するイメージを掴んでいただきます。

●店舗運営の基礎知識を習得します。
・5日間の本部研修所でのスクールトレーニング(座学での基本知識の習得)
・5日間の直営店でのストアトレーニング(店舗での実務研修)

★このほかにも、様々なサポートがあります!詳しくは「説明会」でご紹介します!


開業後

●密なコミュニケーションにより経営をサポート。
本部のOFC(店舗経営相談員)が週2回以上訪問し、具体的な経営アドバイスを行います。
・品揃え、店内レイアウト、陳列、接客、清掃
・従業員の採用・教育
・経営数値分析

●店舗システムが情報確認と情報収集を行います。
SC(ストア・コンピュータ)を通して、必要なデータをきめ細かく表示します。
・経営数値
・時間帯別の販促結果
・新商品や販促企画
・天候

 企業プロフィール

株式会社セブン-イレブン・ジャパン


事業内容

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズ・チェーン本部としてOFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー/店舗経営相談員)による経営アドバイスを通じ、全国の「セブン-イレブン」の経営をバックアップするさまざまな事業を行っています。

本社・支社・事業所

【本社】
東京都千代田区二番町8番地8

代表者氏名

代表取締役社長 永松 文彦

従業員数

8886人(2018年2月末現在)

資本金・総資産

172億円

設立

1973年11月20日

平均日販65万円以上!抜群の商品力とサービス力。

1日平均日販は65万円以上、国内における店舗数は2万店を突破(2018年2月期自社調べ)。
成長の背景は立地やブランド力はもとより、高い商品力とサービス力があるからこそ。
店舗システムを駆使して利用者のニーズを即座に把握し、店舗経営や商品開発に活かしています。
セルフ式のコーヒーコーナー『セブンカフェ』をはじめ、『セブンプレミアム』『セブンゴールド』などのオリジナル商品で、お客様ニーズに的確に応えます。

PAGE TOP